Hatena::Groupchinese

妄言砂漠

2005-04-29

[] 足の裏の皮がすり切れるまで歩きましょう 18:03  足の裏の皮がすり切れるまで歩きましょう - 妄言砂漠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  足の裏の皮がすり切れるまで歩きましょう - 妄言砂漠

今日はフリーマーケットを2つハシゴした。昼頃、自宅を出て、東急田園都市線の用賀駅へ。暑い。4月なのに30℃はありそう。

SUNのでっかいビルの下でフリマをやっていたけど、得に特にめぼしい物もなかったので、桜新町方面へ。桜新町は近所のわりにあまり知らない(サザエさん美術館は行ったことあるけど)。しゃれた飲食店が多いし、近くに世田谷区の中央図書館もある。住むにはとても良さそうだけど、東急沿線は家賃とか物価とか高いんですよねえ。ふむ。

左の写真は駒沢給水所。桜新町の駅からだいたい5分くらいのところにあるクラシックな給水塔。こないだまちづくりの助成金の報告会に行ったときに、ここの景観保全活動をしている方がいて、なんだか面白そうなので、一度行ってみたいと思っていたのです。ホントはこちらの紹介にあるように双子の給水塔なんです。近くまで行くと要塞みたいでかなり威圧感があります。中は公園みたいになっているのに、入れない模様。残念。

さらにテクテクと住宅街を縫うように歩き、三軒茶屋を目指す。途中、人なつこい猫に遭遇、そして公園で昼飯。

もう1つのフリマは、世田谷公園でやっていたんですが、ついたらすでに3時前。出店者の皆様は撤収の準備に入っておられました。残念。それならそれでおしゃれな三宿のカフェなどを冷やかしてもいいんだけど、私と妻は「歩け歩け」モードなので、そんな店には目もくれない。スポーティな我々の財布は大変シビアなのです。帰りは例によって烏山川緑道を歩く。慣れ親しんだ道なのでほっとする。

そしてうわさには聞いていたけど、本日初めて目撃したのが、右の世田谷オウム。どっかのペットショップで飼われていたのが、大量に逃げ出して以来、野生化したオウムがそのへんを飛んでいる、と聞いていたんですが、これまで見かけたことがなかった。烏山川緑道をとぼとぼと歩いていたところ、奇妙な声がするので見上げると、緑のオウムが木の実をかじっておりました。それも3羽。なんか得した気分です。


トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/Ctrans/20050429