Hatena::Groupchinese

妄言砂漠

2005-12-25

[] 圣诞节  圣诞节 - 妄言砂漠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  圣诞节 - 妄言砂漠

f:id:Ctrans:20051224084413j:image

↑昨日の朝食。毎年恒例の下高井戸ノリエットのブッシュドノエル。濃厚なケーキだったので、妻と半分ずつ食べたら午後3時くらいまで腹が減らなかった。朝食後、身だしなみを整えてから表参道へ。

私の誕生日は2学期の通信簿をもらう日である。子どもの頃は、楽しいこととイヤなことが同時に起きるこの日を微妙な気分で迎えたものだが(朝刊におもちゃ屋の大きなチラシが入っているのは大好きだった)、そこはもういい大人なので、街が浮かれるついでに自分も浮かれる30代である。

妻がコートを買ってくれるというので、いくつか服屋をのぞく。それにしても女性向けのコーナーは驚くほど多彩なコートが並んでいるのに、男向けコーナーはどこの服屋も寂しい。ダウンジャケットを除けば、ねずみ色とか紺色とか黒とか茶色とか色味の暗いコートが、3種類ほど並んでいるくらい。あとはもうスーツと合わせることが前提になっているトレンチみたいなのしかない。若者向けの店にも入ってみたけど、それほど変わりはない。途中にあった店でランドリーというメーカーのイラストが非常にかわいいトレーナーを購入。コートと全然関係ない。うーむ。表参道付近はあきらめて渋谷のデパートに向かう。

圣诞节に渋谷を歩くというのは実にハードだ。むんむんしている。むんむん。すれ違う人にエネルギーをどんどん吸い取られている気がする。テロリストが何かたくらむならクリスマスの渋谷だなぁと思った。

結局、西武に入っている店で、身につけるといつもより格好良く見える気がしたコートを選んだ。その後、デパートの地下で鶏肉を購入し、パン屋でパンを購入し、円山町を抜けて神泉駅から電車に乗った。円山町に差しかかった際、我々と同じ方向に歩いていた人がけっこういたはずなんだけど、振り向くと誰もいなくなっていた。みんな道の両側に立ち並ぶ建物に吸い込まれたらしい。時刻は午後3時ごろ。なんかせわしない気がしますが、そこは師走ですからね。忙しいし、タスクは前倒しで片付けるのがスマートなのでしょう。

夕食、妻がフライパンで鶏肉を焼いてくれた。鶏を焼くのが上手な義父の「鶏を焼くならラードだ、フライパンで焼くのだ」という教えを守った鶏肉は実においしかった。ちょっとぜいたくにシャンパンも飲んだ。うむ、チューハイとは違う。

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/Ctrans/20051225