Hatena::Groupchinese

妄言砂漠

2009-05-24

[] 帰宅  帰宅 - 妄言砂漠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  帰宅 - 妄言砂漠

平常通り仕事してます。休暇が終わってすぐに仕事があるというのはありがたい話です。

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/Ctrans/20090524

2009-05-21

[] クロアチア旅行11日目  クロアチア旅行11日目 - 妄言砂漠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  クロアチア旅行11日目 - 妄言砂漠

朝7時頃起床。朝食後、チェックアウトしてバス停までスーツケースを引きずって歩く。今日も快晴。この森の緑から離れるのは少しさみしい気もする。ザグレブからは車で2時間ほどのところなのでいつか再訪したい。

11時のバスに乗ってザグレブ*1。途中の村で魔女みたいなおばあちゃんが乗ってきたり(失礼)、紛争時の弾痕が残る家屋があったり、なだらかな丘陵にぽつぽつ家が散らばるところがあったりと、そんなこんなを楽しんでいるうちに睡魔に襲われ、目が覚めたらザグレブ市内に入っていた。気温29度。

バスターミナルで空港行きのバスの乗り場と時刻を確かめてから、6番のトラムでザグレブの中心部へ移動。車内がたいへん暑い。

今日の宿泊先は四つ星ホテルである。繰り返す。四つ星ホテルである。このような豪華なホテルに泊まるのは、スペインはアンダルシアのロンダという町でパラドールに泊まって以来である。あれはいったい何年前だ。もういつのことかすら覚えていない。四つ星ホテルには広いロビーがあり、フロントでカードキーを渡される。カードキーがないとエレベータすら動かない。なんだかすごいじゃないか。これが四つ星ホテルなのか。

脳内の四つ星祭りで盛り上がるだけというのも何なのでザグレブの市内観光に出かける。見所はたくさんあるようだが、中心部だけなら徒歩で回れる。イェラッチ広場近くの店で石けんを購入した後、聖母被昇天大聖堂に入ろうと思ったら、どこぞのVIPが到着したようで入り口付近に警官が立ち、観光客が足止めを食らっていた。仕方ないので近くの店で遅い昼食。適当に選んで入った店だったが、妻が頼んだ煮込みと私が頼んだフライドチキンはどちらも美味しかった。

昼食後、清掃中の青空市場を通って石の門へ。聖母マリアの礼拝堂を見学して聖マルコ教会の前を通り、ロトルシュチャク塔前と近くの広場からザグレブの町を眺める。聖マルコ教会に戻って教会の西側から北上し、道なりにザグレブ博物館方面に歩く。長い階段を下りるとTkalcicevaというなんだかおしゃれな通りに出た。カフェで休憩。格好良い若者が多いことに妻と感心する。

f:id:Ctrans:20090521062815j:image

イェラッチ広場に戻ってKrasという菓子店でおみやげのチョコレートを購入。我々以外にも日本人のおばあちゃんが多数来店していたが、彼女たちのすごいところは店員相手に日本語を通し、なんとなく通じて買い物をしていたところだ。いや、すごいのは店員の方か。

道すがらアイスクリームを購入し、ザグレブ中央駅前に大量出店しているイチゴの屋台(少なくとも10軒はあった)でイチゴ2パックを購入した後、ホテルに戻る。ホテルのパソコンで明日のフライトのチェックインを行い、確認書類をプリントアウト。便利な世の中です。

f:id:Ctrans:20090521055413j:image

明日は昼過ぎのフライトでザグレブからパリへ。乗り継ぎまでに時間があるのでパリのケーキ屋を攻め、夜のフライトで東京に戻る予定。

*1:実際にバスが来たのは11時20分頃

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/Ctrans/20090521

2009-05-20

[] クロアチア旅行10日目  クロアチア旅行10日目 - 妄言砂漠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  クロアチア旅行10日目 - 妄言砂漠

プリトヴィツェ2日目。朝から霧が立ちこめ、空にはやや厚めの雲。一昨日までいたスプリットに比べて気温がずいぶん低い。朝食後、宿の主人にプリトヴィツェの散策についてレクチャーを受け、登山用の長袖ドライシャツの下にメッシュの半袖シャツを着て出発。宿は下の地図で左下にあるムキニエという村にあるので、森の中を抜けて公園の入り口であるST2(ステーション2)に向かう。

f:id:Ctrans:20090521045639j:image

ST2付近の販売所で公園の入場券を購入。この入場券には遊覧船と園内バスの料金が含まれている。早速ST2からST1へと移動する。宿の主人にST1まで行っていったん下がり、登ってくるかたちにした方が滝がきれいに見えて良い、とのアドバイスをもらったのでこのコースにしたが、次から次へと滝が出現して確かに美しい。感謝。

f:id:Ctrans:20090520045140j:image

地図でいうと右端にある大きな滝ヴェリキ・スラップからP3(遊覧船の乗り場・ポート3)を目指してゆっくり歩く。無数の小さな滝から澄んだ水がほとばしり、流れの緩やかなところではマスがゆったりと泳ぐ。水辺にはワサビらしき植物が自生していた。朝は曇り空だったが、少しずつ太陽も顔を出すようになってくる。

P3には遊覧船乗り場だけでなく、売店とトイレが用意されている。売店でサンドイッチとアップルパイ、コーヒーを購入して昼食にする。期待していなかったけれど意外に美味しく、値段も高くなかった。

f:id:Ctrans:20090520051218j:image

P3から遊覧船でP2に渡る。先ほどまで歩いてきた水辺のエリアとは少し様子が変わり、森の中を縦横に水が走る。岩に生えた苔の緑が美しい。足下には青や紫の小さな花が咲き、上を見上げるとブナの新緑。

f:id:Ctrans:20090520002545j:image

P2からは地図でいうと左上のST4を目指す。地元の小学生がたくさん遠足に来ていて、すれ違うと挨拶してくれる。こっちに向かって両手を合わせ、「コニチョワ」といってくる子に「コニチョワ」と返す。あー君たち、その団体は韓国の方々です。「コニチョワ」といわれて迷惑そうでしょう。うん、なんていうかな、面白いからもっとやれ。

f:id:Ctrans:20090520002344j:image

ST4には15:00ごろ到着。ここにも売店とトイレがあるのでしばし休憩。宿の主人にはぐるりと回って8時間といわれたが、そこまで時間はかからなかった。予定よりずいぶん早く1周することができたので、妻と相談してもう一度ST1付近を見ることにした。園内バスを利用すれば、ST4からST1への移動も楽々である。ちょうど青空が広がってきて午前とは違う風景を楽しむことができた。2周目でも飽きない。

ST2から宿に戻る途中、売店に寄っておやつ。宿の決まりで夕飯が20:00からなので、たくさん運動して栄養を欲している我が肉体に緊急補給。なお、プリトヴィツェには売店がほとんどない。我々が今日ようやく発見したのはST2に近いインフォメーション近くの売店。プリトヴィツェには長距離バスのバス停が2つあるが、ザダルよりのバス停(ST2の方)からザグレブ方面に少し歩くと右手に売店、軽食スタンド、インフォメーションが並んでいる。主だったホテルにも近いので便利だ。

宿での夕食はステーキ。昨日のマスのグリルも良かったけど、今日のも良かった。すごいボリューム。さて、明日はザグレブだ。

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/Ctrans/20090520

2009-05-19

[] クロアチア旅行9日目  クロアチア旅行9日目 - 妄言砂漠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  クロアチア旅行9日目 - 妄言砂漠

スプリットを12:00に出発するバスでプリトビツェ国立公園に移動。移動時間は約6時間。海から山に移り、空気も新鮮。

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/Ctrans/20090519

2009-05-18

[] クロアチア旅行8日目  クロアチア旅行8日目 - 妄言砂漠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  クロアチア旅行8日目 - 妄言砂漠

スプリット最終日。起床後、近くのコインランドリーで洗濯をし、その間に朝食の買い物。月曜日なのでいろんな店が早朝から開いていてホッとする。パンとアップルパイ、水などを購入。ほぼ毎日アップルパイ(アプフェル・シュトゥルーデル)を食べている。どのパン屋にもあり、外れがないので買わないわけにはいかないのである。

洗濯物を干し、朝食を食べてしばらくのんびりした後、バスターミナルへ。今日はスプリットからバスで30分のトロギール観光。島と陸の間に作られた中州のような街で世界遺産に登録されている。ちなみにドブロブニク、スプリット、シベニクも世界遺産である。

f:id:Ctrans:20090518014612j:image

街自体はそれほど大きくなく、1時間もあれば散策は終了する。アクセサリー屋で妻がネックレスを購入し、私は雑貨屋で帽子とラベンダーの匂い袋を購入した。カメルレンゴの砦から街を見下ろした後、海沿いのレストランで昼食を取る。妻がチキン、私はポークのグリル。アドリア海沿岸なので魚介類を攻めたいところだが、なかなかお高いので却下。注文したポークのグリルはなかなか美味しかった。

細い路地を通って街のシンボルである聖ロブロ大聖堂へ。聖堂の入り口のレリーフが面白い。葉っぱで股間を隠したアダムとイブが入り口の両側にたち、その足下にそれぞれ獅子が1頭いる。まるで狛犬である。そういえば狛犬のルーツはどこなんだろう。いつか調べよう。

f:id:Ctrans:20090518033044j:image

以上でトロギール観光終了。帰りは高速バスではなくローカルバスを使ってスプリットに戻る。高速バスならスプリットまで30分だが、ローカルバスは45分ほどかかる。バスはスプリット空港の裏手や住宅街などを通り、客が入れ替わり立ち替わり乗ってくる。乗客と風景を眺めているうちに睡魔に襲われ2人して爆睡。目が覚めたらスプリット市街だった。

降車後、再び長距離バスターミナルに行き、明日のプリトビツェ行きバスのチケットを購入し、スプリット訪問の記念にレコード屋でクロアチア音楽のCDを購入。モーターヘッドのエース・オブ・スペーズのLPがどーんと置いてあるけれど、伝統的な音楽のCDも充実しているという不思議な店だった。

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/Ctrans/20090518

2009-05-17

[] クロアチア旅行7日目  クロアチア旅行7日目 - 妄言砂漠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  クロアチア旅行7日目 - 妄言砂漠

朝8時半、シベニク行きのバスに乗る。日曜日で店がどこも休みであるため、町を離れてクルカ国立公園に行くことにしたのである。スプリットからシベニクまでは1時間半。途中、アドリア海沿いの風景が変化に富んでいてたいへん楽しい。

シベニクのバスターミナルでクルカ国立公園へのバスについて尋ねると、公園の入口にあたるスクラディンへのバスが少なく(スクラディンから戻るためのバスも日曜なので少ない)、でかけても公園に長く滞在できないため、同じ行くなら明日の早朝にシベニクに来た方が良いとのアドバイスを受ける。いきなりダメ出し。

気を取り直してシベニクのツーリストインフォメーションに向かい、スクラディンまでのタクシーについて尋ねると、200クーナ(4000円)とのこと。シベニク往復2人分のバス代が200クーナ強であり、明日再びこの町に来ることも避けたかったので、タクシーを利用することにした。ここのインフォメーションはたいへん親切で、電話で料金を尋ねてくれた上、タクシーも呼んでくれた。

スクラディンから公園の入り口までは遊覧船に乗る。遊覧船の料金は、公園の入園料に含まれているようで特に請求されなかった。11時の船に乗り、20分で公園入り口に到着。入園料は80クーナ。遊歩道がきれいに整備されていて期待が高まる。

入り口から歩いてものの数分でSkradinski bukという巨大な滝が大迫力で登場。

f:id:Ctrans:20090517010805j:image

このSkradinski bukの滝とそこまでの流れをたどれるように遊歩道が整備されており、木立の中を水の流れを足下に見ながら散策することができる。これはもうなんというか最高だった。トルコのパムッカレや中国の九寨溝と同様のカルスト地形だが、あらゆる方向から激しく流れ込んでくる水と木々の緑が表情豊かでまったく飽きない。私が言葉を並べてもほとんど何も伝えられないので、以下写真を並べます。

続きを読む

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/Ctrans/20090517

2009-05-16

[] クロアチア旅行6日目  クロアチア旅行6日目 - 妄言砂漠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  クロアチア旅行6日目 - 妄言砂漠

朝食後、近くのコインランドリーで洗濯。コインランドリーだけど店番のお姉さんがいて、洗濯機の使い方を教えてくれたり、両替をしてくれたりする。とても親切。ホテル・ベルビューを背にして右側の教会脇の通りを入ったところにあり、場所も便利なせいか我々と同じような旅行者で大繁盛である。

洗濯を機械に任せている間、両替屋でユーロからクーナへの両替を済ませる。100ユーロが730クーナ。前回より1クーナだけ得した。ぶらぶらと魚市場に入り、ナタのような包丁で大きな魚をさばく様子を見学する。夕飯用に何か購入しても良かったけれど、ウツボやらアンコウやらが不気味で食欲が減退したため却下。

f:id:Ctrans:20090515231616j:image

洗濯物をピックアップして部屋に干した後、ディオクレティアヌス宮殿と青空市場の散策。地元の物産展のようなイベントが開催されていて宮殿の地下に無料で入場できたが、宮殿には特に惹かれるところはなかった。

宮殿東側の野菜や生花の青空市場は楽しかった。店の数が多く、客も多くて活気がある。サクランボとルッコラアスパラガスを購入した。

宿に戻ってインスタントのマカロニ(トマトソース)で昼食。眠くなったので昼寝。

で、ちょっと誤算だったのが昼寝の後に街に出ると多くの店が閉まっていたこと。午前中はあんなにたくさんいた人もずいぶん少なくなっている。日曜日はほとんどの店が閉まるので注意!という情報は、ガイドブックに載っていたが、土曜の午後でも6~7割くらいの店が閉まっている。びっくり。

明日の観光プランを立てるため、長距離バスターミナルに行く。クルカ国立公園に行きたかったので、最寄りのスクラディン行きのバスの有無をインフォメーションに尋ねると、シベニクで乗り換える必要があるとのこと。なるほど。もうひとつの行き先候補地はトロギール。こちらもシベニク行きのバスに乗ることになる。1時間に1本はバスがあるので、こちらはまあ問題ない。プリトビツェ国立公園へは直通のバスがあるが、早朝6時出発→正午着の便、正午発→18:00頃着の便以外は深夜到着になる。利用するなら正午の便になるだろう。

f:id:Ctrans:20090516054710j:image

明日の休みに備えて買い出し。宿の近くにあるスーパー「KONZUM」で水や野菜や酒を仕入れる。このスーパーはドブロブニクなど他の街でも見かけたし、スプリットだけでも3軒は見かけたのでかなりの大型チェーンのようである。同店の野菜の量り売り機械の使い方もようやく分かってきた。旅先でスーパーを覗くのは楽しい。

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/Ctrans/20090516

2009-05-15

[] クロアチア旅行5日目  クロアチア旅行5日目 - 妄言砂漠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  クロアチア旅行5日目 - 妄言砂漠

ドブロブニクからスプリットへの移動日。10年来、訪れたいと思っていたこの街ともお別れ。以前、アドリア海を挟んだイタリアのバーリまでは来ていたのだが、バーリのあまりの程度の低さ(街中いたることろでチノ・チノ・チノと絡まれる)に辟易し、1日でも早く街を出るために行き先をギリシアに変更してしまったのである。そのことを後悔していたのだが、今回ようやく念願が果たせた。予想よりもずっと素敵な街で感動。また来よう。

11時のバスでドブロブニクを出発する予定だったが、渋滞でバスターミナルへの到着が遅れ、12時半の便に変更。時間があったのでターミナルの隣にあるスーパーでパンとチーズを買い、サンドイッチにして食べる。

バスはアドリア海沿いを走り、途中のネウムでボスニア・ヘルツェゴビナ領を通過する。平野が広がるOpuzenの辺りから山側に入り、Vrgoracを経由してスプリットへ。途中、運転手が眠くなったようで道路に置いてある誘導用のコーン状の物にぶつかる。怖かったけれど、コンクリとかじゃなくて良かった。

4時間半ほどでスプリット到着。今日の宿であるプライベートルームのオーナーがターミナルまで迎えに来てくれた。若い男前だが、3軒のプライベートルームを切り盛りしているらしい。やり手である。

部屋は旧市街にほど近いホテル・ベルビューの裏。天井が高く、広く、設備も揃っている。近くの特設ステージでライブをやっているほか、裏手の酒屋の周囲でじいさんたちが大声でおしゃべりしているのが賑やかだけど、これ以上を望むのは贅沢だろう。荷物を下ろした後、近くを散策し、夕食用にピザ3カットを購入する。今日は移動で疲れたのでビールを飲んで寝る。

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/Ctrans/20090515

2009-05-14

[] クロアチア旅行4日目  クロアチア旅行4日目 - 妄言砂漠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  クロアチア旅行4日目 - 妄言砂漠

夜半、のどに違和感を覚える。このいやな感覚は風邪だ。歩き回って汗をかいたままソファーで昼寝したのがいけなかったらしい。まあ、なってしまったものは仕方がないので、水をちびちび飲んで寝続ける。今日も歩き回って汗をかけば、風邪も抜けてくれるに違いない(根拠なし)。

朝食後、街の東側にあるプロチェ門を抜け、バニェ・ビーチの方に歩く。今日も快晴で日差しが強い。午前中なのにビーチではもう人が泳いでいる。水温はまだ低いと思うけれど、これだけ天気が良くて海がきれいだと泳がない訳にもいかないんだろうなあ。ヨーロッパの人たちの太陽や海や日焼けに対する情熱はちょっとすごい。

城壁の外からドブロブニクを眺めながらしばらく散策した後、今度は街の西側にあるピレ門前のバス停から長距離バスターミナルまでバスに乗る。ちょっと乗り場が分かりにくい。ピレ門を背にして左側にあるキオスクの前あたりに1Aまたは1Bのバスが来るのでこれを利用する。長距離バスターミナルまでは10分程度だと思う。Petkaというホテルが見えたら、その次のバス停で下車する。

バスターミナルでは明日のスプリットまでのチケットを購入した(112kn)。バスターミナルは新しくてきれいだけど閑散としている。特にすることもないので、ターミナル出口すぐのバス停から街に戻る。なお、ドブロブニクのバスは1時間以内なら乗降自由なので便利。チケットを何度も買わずに済む。

宿に戻って昼食。妻が作ってくれたサンドイッチを食べ、しばらく休憩する。

午後は旧港からグラスボートに乗る。海からドブロブニクの街を眺め、ロクルム島の方に回ってバニェ・ビーチ近くを通って旧港に戻る。所要時間45分。小さな船なので揺れが大きく、船酔いしたけれど楽しかった。

下船後、近くの総督邸を見学。邸内の展示物はあまり面白くなかったが、ミュージアムショップで販売されていたコーヒーカップが良いデザインだったので、買うか買わないかでしばらく悩む。妻と相談した結果、スーツケースに収まりそうになかったし、帰国するまでに割れると悲しいのであきらめた。値段も手頃だった(約1200円)ので残念。

風邪があまり良い方に向かっていないようなので、薬局で風邪薬を購入。トラベル英会話の本で "I have a sore throat."というセンテンスを仕入れ、COLDREXというなんだか強そうな薬を入手。効果はたぶん明日くらいに判明するだろう。

夕食は、旧港にある食堂でイワシフライ、海鮮リゾット、野菜サラダ、グラスワインを赤白それぞれ一杯ずつ注文し、妻の誕生日を祝う。ワインが結構美味しかったので、なんていう銘柄なのか気になったけど、後ろの客が店員に「なんていう銘柄?」と質問して「ハウスワイン」という回答を得ていたので、私は心の中で「なるほど」とつぶやくにとどめておいた。イワシフライと海鮮リゾットは、それぞれ鍋に盛られて出てきた。ちょっと殺人的な量だがどちらもたいへん美味しかった。満足。

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/Ctrans/20090514

2009-05-13

[] クロアチア旅行3日目  クロアチア旅行3日目 - 妄言砂漠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  クロアチア旅行3日目 - 妄言砂漠

朝5時半に目が覚める。昨日も同じくらいの時間に目が覚めたので、時差ぼけが残っているんだろう。6時と7時に教会の鐘がガランゴロン鳴り響くので二度寝も難しい。

起床後、朝市にでかけてトマトとキュウリ、パプリカ、ほうれん草などを購入。パン屋でパンとアプフェル・シュトゥルーデル風のパイを購入し、宿に戻ってサンドイッチにする(といっても私は何もしていない)。ハムとトマトとチーズのサンドイッチ。うまい。アプフェル・シュトゥルーデルもうまい。ちゃんと酸っぱいリンゴを使っている。満足。

朝食後、手持ちのクーナ*1が少なくなってきたので両替。100ユーロが729クーナ。

ピレ門近くのフランシスコ会修道院の博物館を見学。ヨーロッパで3番目に古い薬局と中庭などを眺めていたら団体が雪崩れ込んできたので逃げる。

今日のメインイベントはドブロブニクの街を囲む城壁巡り。全長2kmなので大したことないだろうと思っていたのだが、アップダウンがあって予想外にきつい。おまけに今日は晴天に恵まれて、太陽ががんがん照りつけている。ところどころに設けられている売店で炭酸水やオレンジジュースを飲んでしのぐ。敵の思うつぼである。

f:id:Ctrans:20090513022009j:image

それにしても眺めが良い。アドリア海は青く澄んでいるし、ロヴリイェナツ要塞の向こうに見える松林もきれいだ。オレンジ色の屋根がぎゅうぎゅうに並んでいるけれど、その隙間にはキンモクセイやバラやオレンジが植えられていて、メインストリートまで南北に伸びる通りが続くせいか狭苦しい感じはしない。良いなあ、ドブロブニク

14時頃、城壁散策を終了。あまり食欲もなかったので、パン屋でサンドイッチを購入し、宿で軽めの昼食。妻が日記を書いている間、少し昼寝をする。

夕方、城壁からチェックした場所を歩く。子猫が固まっているのが見えたので、それを確認しないわけにはいかなかったのである。

スーパーで夕食用の食材の買い出し。ガスコンロに火をつけるためのライターが宿になかったのでそれも購入。ひねれば火がつくガスコンロに慣れているので、ライターを使って火をつけるのがちょっと怖い。妻と火をつける権利を譲り合ったが、家長の役割として引き受けることにした。腕毛が燃えそうだ。夕食は肉とサラダ。

*1クロアチアの通貨。kn。

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/Ctrans/20090513

2009-05-12

[] クロアチア旅行2日目  クロアチア旅行2日目 - 妄言砂漠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  クロアチア旅行2日目 - 妄言砂漠

6時前に起床。22時頃に寝たので7時間ほどは寝たはず。頭を乾かさずに寝たので大爆発していた。水が硬いせいか髪がきしきし。

朝食は1階の食堂でビュッフェ。内容充実で満足。

朝食後、ホテル周辺を散歩。ホテル・ステラは幹線道路沿いの新興住宅地の一角にあり、ホテルの正面玄関を背に左に出てすぐの三叉路を右に折れると小さな商店やカフェがある。商店で500mlの水を3本購入。約10kn。

昼前にチェックアウトし、タクシーで空港へ向かう。ザグレブ空港は本当にこぢんまりとしていて、BYE-BUY SHOPというセンスあふれる土産物屋やカフェ以外に時間をつぶすための場所がない。空港の前がよく手入れされた公園になっているので、ベンチに座ってぼーっとする。この国のスズメがずいぶん大きいという事実を確認した。

ドブロブニクまでのフライトは1時間弱。ボスニア・ヘルツェゴビナの領空を通過し、しばらくするとアドリア海が見えてくる。おお、島が見えるなどと感動しているうちにランディング。あっけない。空港からドブロブニクの旧市街まではエアポートバスで20分ほど。ピレ門前で下車することができる(終点は長距離バスターミナル)。

今日の宿はドブロブニクの城壁の内側にあるプライベートルーム(民家の一部を宿泊用に提供している)で、目抜き通りであるプラツァ通りの南側、民族博物館の近くなのでスーツケースを抱えて急な階段をよちよち上る。Googleマップなどであらかじめ目星をつけておいたので、それほど迷うことなく宿に到着できた。

宿のオーナーに設備の説明や無線LANの接続方法を聞き、荷物を部屋に放り込んだら早速散策。街を囲む城壁の総延長が2kmと規模は小さいものの、プラツァ通りを谷底とした南北の斜面に赤い瓦屋根の街が広がっていて、細い路地を迷いながら歩くのは楽しい。猫が多いのも好印象。さすがはアドリア海の真珠。

f:id:Ctrans:20090513054703p:image

スーパーでビールなどを買い込み、昼寝をしたあと、総督邸近くのレストランで夕食。ムール貝のリゾットは美味しかったけど、ミートソースのパスタはパスタが軟らかすぎ。見知らぬおじさんに「ここのおすすめはイカリングだ」と言われたので、次はイカリングを頼もう。

宿に戻ると猛烈な眠気。疲れが残ってるなあ。今日も早寝しよう。

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/Ctrans/20090512

2009-05-11

[] クロアチア旅行初日  クロアチア旅行初日 - 妄言砂漠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  クロアチア旅行初日 - 妄言砂漠

朝6時起床。新宿からの成田エクスプレスは8時過ぎの発車。小田急線が少々込んでいたけれど、スーツケースを網棚に上げられたのでなんとかしのげた。成田到着から出国まではスムーズ。インフルエンザの脅威をマスコミがあおっている割にはマスク姿も少なく、特別な検査などもなし(出ていく方だしね)。

今回はエールフランスでパリを経由し、ザグレブまで飛ぶ。所要時間は12時間+2時間、自宅を出てからザグレブのホテルまでだいたい24時間かかる。経由する空港がいつものモスクワではなくパリなので、それでだけでも気分がずいぶん違う。エールフランスの機内スタッフはとても感じが良かった*1。パリの空港でのトランジットでは、新しくできた建物を利用した。たいへんきれいでだだっ広い。

ザグレブ到着は現地時間の21:30ごろ。空港に人気がない。銀行で2万円両替し、タクシーで予約していた空港近くのホテルへ。ちなみにタクシーは結構高い。明日の午後に飛行機で移動するので空港近くに宿を取ったけど、そうでないなら市の中心部に宿を取り、リムジンバスを利用して市内に移動した方が良いだろう。

宿のホテル・ステラは、新しく清潔なホテル。ダブルルームは広く、シーツはパリパリ、バスルームはぴかぴかである。大満足。旅行の初日の宿が良いところだとほっと安心する。シャワーを浴び、ビール(ozujsko)を飲んで、泥のように眠る。

*1アエロフロートの「ありがとうごぜえます」も好きだけど。

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/Ctrans/20090511

2009-05-10

[] 休暇  休暇 - 妄言砂漠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  休暇 - 妄言砂漠

明日から休暇をいただきます。

飛ばない翻訳者は、ただの翻訳者だ(当たり前)。

ポルコ・ビアンコ語録より

ということで、行き先はアドリア海です。

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/Ctrans/20090510

2009-05-09

[] edit - a text widget with highlighting support for Tcl/Tk  edit - a text widget with highlighting support for Tcl/Tk - 妄言砂漠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  edit - a text widget with highlighting support for Tcl/Tk - 妄言砂漠

自作ツールで使用している編集用ウィジェットをパッケージにして公開しました。Tkのtextウィジェットと同様に利用でき、ハイライト表示、行番号の表示、簡易しおり機能、フォントのズーム、オートインデント、対応する括弧の強調などの機能を追加しています。

tklibには、ハイライト表示や行番号の表示機能を提供するctextというパッケージが存在するのですが、細かいところに不満があったので、ctextのソースで勉強しながら作り直しました。説明がでたらめな英語ですが、日本語の説明もそのうち作ります。

関連:edit - a text widget with highlighting support for Tcl/Tk

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/Ctrans/20090509

2009-05-07

[] 期日を指定してメール送信  期日を指定してメール送信 - 妄言砂漠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  期日を指定してメール送信 - 妄言砂漠

期日を指定してメールの送信がしたい、何か良いサービスはないのかぁ!と検索してみたところ、いつも使っているnifty期日指定メールが用意されてました('A`) 。有料ですが100円ならまあいいかなと。

[] 谷歌拼音输入法  谷歌拼音输入法 - 妄言砂漠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  谷歌拼音输入法 - 妄言砂漠

f:id:Ctrans:20090507104658p:image

谷歌拼音输入法では、「un」と入力すると部首が選択できるようになります。便利。

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/Ctrans/20090507

2009-05-06

[] 休日  休日 - 妄言砂漠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  休日 - 妄言砂漠

ムーミン原画展に行ってきました。ムーミンは子供の頃から好きで、講談社の文庫本を揃えてましたし、スナフキンに近づきたくて緑色の帽子をかぶって旅行に出たこともあります。原画展は、東京駅に隣接する大丸の10階で5月18日までやってます。行きやすい場所にありますし、連休なので人多いかもしれないなと心配していたのですが、昼時だったのでそれほど混雑はしていませんでした。ムーミン全9作品の挿絵の原画がストーリーと一緒に展示してあったほか、新聞連載されていたコミック、立体模型などが展示され、最後にムーミングッズを並べたショップが用意されています。せっかくなので挿絵が印刷された紙製のランチョンマットとムーミン特集を組んだ芸術新潮の最新号を購入。満足。

鑑賞後、外に出てくると雨。天気予報を信じて傘持ってこなかったし、新しい革靴で来たのに……。ちょっと凹んだので近くにあったPAULでケーキセットを注文。840円で飲み物とケーキを好きなように選べて、ケーキも美味しかったので凹んでいた気分が凸出来(超単純)。

地下街を抜けて丸の内方面に抜け、丸善で本を購入して帰宅。最寄り駅で強くなる雨。あう。

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/Ctrans/20090506