Hatena::Groupchinese

妄言砂漠

2009-05-17

[] クロアチア旅行7日目  クロアチア旅行7日目 - 妄言砂漠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  クロアチア旅行7日目 - 妄言砂漠

朝8時半、シベニク行きのバスに乗る。日曜日で店がどこも休みであるため、町を離れてクルカ国立公園に行くことにしたのである。スプリットからシベニクまでは1時間半。途中、アドリア海沿いの風景が変化に富んでいてたいへん楽しい。

シベニクのバスターミナルでクルカ国立公園へのバスについて尋ねると、公園の入口にあたるスクラディンへのバスが少なく(スクラディンから戻るためのバスも日曜なので少ない)、でかけても公園に長く滞在できないため、同じ行くなら明日の早朝にシベニクに来た方が良いとのアドバイスを受ける。いきなりダメ出し。

気を取り直してシベニクのツーリストインフォメーションに向かい、スクラディンまでのタクシーについて尋ねると、200クーナ(4000円)とのこと。シベニク往復2人分のバス代が200クーナ強であり、明日再びこの町に来ることも避けたかったので、タクシーを利用することにした。ここのインフォメーションはたいへん親切で、電話で料金を尋ねてくれた上、タクシーも呼んでくれた。

スクラディンから公園の入り口までは遊覧船に乗る。遊覧船の料金は、公園の入園料に含まれているようで特に請求されなかった。11時の船に乗り、20分で公園入り口に到着。入園料は80クーナ。遊歩道がきれいに整備されていて期待が高まる。

入り口から歩いてものの数分でSkradinski bukという巨大な滝が大迫力で登場。

f:id:Ctrans:20090517010805j:image

このSkradinski bukの滝とそこまでの流れをたどれるように遊歩道が整備されており、木立の中を水の流れを足下に見ながら散策することができる。これはもうなんというか最高だった。トルコのパムッカレや中国の九寨溝と同様のカルスト地形だが、あらゆる方向から激しく流れ込んでくる水と木々の緑が表情豊かでまったく飽きない。私が言葉を並べてもほとんど何も伝えられないので、以下写真を並べます。

f:id:Ctrans:20090517014653j:image

f:id:Ctrans:20090517014845j:image

f:id:Ctrans:20090517015352j:image

Skradinski buk周辺はゆっくり回っても2時間くらい。公園内にはVisovacという湖に浮かぶ島に作られた修道院など他にも面白そうなところがたくさんあるが、日曜は帰りのバスが17:00しかないのでスクラディンに引き返すことにした。スクラディンからシベニクへのバス停は、スクラディンのインフォメーションから300mほどのレストランの脇にあるが、場所がたいへん分かりにくい。迷ったら村人に尋ねるべし。

今日も快晴。よく歩き、よく汗をかいた。

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/Ctrans/20090517