Hatena::Groupchinese

妄言砂漠

2005-06-27

[] 小山田緑地  小山田緑地 - 妄言砂漠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  小山田緑地 - 妄言砂漠

f:id:Ctrans:20050625120239:image

散歩。暑くてどこにも出かけたくないが、かといって家にいると悶々とするだけなので、近場で緑が多く、歩行距離も大したことない散歩コースを開拓する。小山田緑地町田市の北側にあるが、多摩ニュータウンから歩いた方が近い。最寄り駅は小田急唐木田駅。

駅に着いたら、改札右斜め前方に見えているゴミ焼却場を目指す。焼却場を見学しようというわけではなくて、ここの裏側を走っている「よこやまの道」から小山田緑地を目指すためである。春先に「よこやまの道」を歩いたときは、ハイカーとよくすれ違ったが、この日は誰ともすれ違わない。当たり前だ。午前中なのに気温はもう30℃を超えている。

多摩市一帯のハイキングコースはとても親切で、そこここに地図やら標識やらが立っているので、いったんコースに出てしまえば、迷うことはまずない。焼却場横の大きなガスタンクの裏手から分岐路を緑地方面に南下する。ここからはゴルフ場(東京国際カントリー倶楽部)の中を歩くことになる。どうしてこんなことになっているのか分からないけど、ゴルフ場と緑地の敷地と私有地の畑が、ぐちゃぐちゃに入り乱れているので、おじさんたちがクラブを振り回しているのを横目に林の中を歩いていくことになる。林の中はひんやりした風が吹いていて気持ちいいが、時々キャディーさんの「ふぁー」が聞こえる。

唐木田駅から小山田緑地までは、ゆっくり歩いても40分程度。途中、小山田緑地の分園がいくつかあるので、それに立ち寄ってもいい。緑地の分園がゴルフ場の中に点在しているような感じで、非常に不思議な構造である。

緑地は実にこぢんまりとしていて、ぐるっと1周しても1時間かからないだろう。きれいに整備されたグランドがあり、見晴らし台やアスレチックの遊具なんかもある。おすすめはグランドを挟んで見晴台の反対側にある丘(上の写真)。野原になっていて、てっぺんには木が3本植えてある。風が吹き抜けるので、木陰に入っているととても涼しい。

昼食をとり、しばらく木陰で寝ころんでから、別のルートで多摩センター駅方面へ歩く。本園から道を挟んですぐのところに梅木窪分園の入口がある。吊り橋やアサザ池があって、短いけれど、変化に富んでいて楽しいコースだ。谷戸の田んぼでオタマジャクシを観察したりして遊ぶ。

道なりに歩くと30分ほどで車道に出るので、これで散策はおしまい。あとは住宅街の中を駅を目指して歩く。多摩ニュータウンの中を歩くのは初めてだけど、緑が多くてうらやましい(公園がすごくきれい)。新宿までも電車で1本だし、多摩センターに行けば店もいろいろある。いいところだなぁ。脳内備忘録にメモしておこう。

[まとめ]このコースは緑地内を含め、人とほとんど会いません。何かあっても助けてくれる人がいないので注意しましょう。

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/Ctrans/20050627

2005-05-05

[] 「散歩の達人」は名文に支えられていた! 08:55  「散歩の達人」は名文に支えられていた! - 妄言砂漠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  「散歩の達人」は名文に支えられていた! - 妄言砂漠

makologより。「散歩の達人」が面白くなくなってきた、という話題。そういえば最近買ってない。東京に越してきたばかりの頃は、毎月買ってきて、いろんな街を散歩したなぁ。

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/Ctrans/20050505

2005-05-04

[] まだまだ行きます 18:09  まだまだ行きます - 妄言砂漠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  まだまだ行きます - 妄言砂漠

昨日も今日もハイキング。昨日は小田急線秦野駅から弘法山経由で鶴巻温泉駅まで。今日は伊勢原駅から大山経由で日向薬師まで。ゴールデンウィーク突入以来、これで都合50km程度は歩いたことになる。新緑がきれいな季節だし、金はかからないし、夜はよく眠れるし、日頃の運動不足も解消できるので、我々にとっては最高の娯楽である。翻訳の仕事は楽しいけど、家に籠もることが多いので、体の中で何かがよどむような感覚にとらわれる時がある。歩いて汗をかくと、そういうのが汗と一緒に蒸発していくようで気持ちいい。

大山では転落事故があったらしく、消防が出張っていた。山道を歩いて、現場に向かう消防士も大変である。勾配がきついコースなので、けが人が出るのもよく理解できる。落石注意と滑落注意の看板がこれでもかというくらい立っていた。とはいえ、変化に富んだ素敵なコースでした。たいへんオススメです。

さて、そろそろ仕事モードに切り替えよう。


トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/Ctrans/20050504

2005-05-01

[] まだまだ歩く 13:51  まだまだ歩く - 妄言砂漠 を含むブックマーク はてなブックマーク -  まだまだ歩く - 妄言砂漠

昨日は、西武拝島線玉川上水駅から、玉川上水のスタート地点まで散歩。以前、自宅から北上して、井の頭線富士見ヶ丘近辺から吉祥寺までのルートは歩いているし、玉川上水駅から吉祥寺までのルートも歩いたことがある。つまり、今回の玉川上水羽村市玉川上水スタート地点までを歩けば、玉川上水ルートは制覇したことになる(だからどうした)。

玉川上水駅からしばらくは緑道になっていて、木立の中をのんびり歩いていける。きちんと整備された散歩コースなので、なかなか気持ちいい。途中の小さな公園で、妻が作ってくれた握り飯の昼食。左の写真は、年甲斐もなく児童用の遊具で遊ぶタケウチである。

昼食後、巨大なスズメバチに遭遇したり、西武立川駅の駅前が荒れ果てているのに感心したりしながら歩き続ける。拝島駅近くまでは歩きやすいけれど、福生に入ったあたりで緑道が途切れるので、もしも同じコースを歩こうという人がいるなら、地図を携帯することをお勧めする。住宅街の中や幹線道路沿いを、玉川上水を見失わないように歩くのは、けっこう疲れる。地元の人に玉川上水の位置を伺ったり、便意に襲われて悶絶したり、なかなかハードである(このルートにはあまり便所がない)。

それでもくじけずに歩き続けると雑木林に出る。おそらく福生駅の近くだと思うが、ここからゴール地点までは道が整備されているので、もう迷うことはない。猫と遭遇したので、手持ちのキャットフードを与えておいた。

右の写真は、ゴール地点の玉川兄弟の像と妻である。玉川上水駅からここまで4時間程度、距離にするとだいたい10~15kmくらいだと思う。山が迫っていて、川の水もきれいである。ここから南下して東京湾まで歩く、もしくは多摩川の源流目指して北上するというのも、なかなか良いルートだと思う。1日じゃゴールできないと思うけど。


トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/Ctrans/20050501