流浪在日本 RSSフィード

はじめてお越しの方へ

HN:but 台湾人・留学生・台中在住。
ハロプロの話題は本家に書いています。
こちらは九州での留学生活や中国語・日本語の話題について書きたいと思います。
外字を多用しており、「內」の括弧内の文字が見えない方はブラウザの日本語フォントを「MS UI Gothic」に設定するようお願いします。

2005年3月23日水曜日

[] 台湾の「内」の中は「入」です。  台湾の「内」の中は「入」です。 - 流浪在日本 を含むブックマーク

「内」の中は「入」なのか「人」なのかという話題が。


とりあえず、台湾国家標準のCNS11643*1で調べました。

http://www.cns11643.gov.tw/web/show_font.jsp?page_n=1&number=17529

当然ながら、フォントは「入」になっていますが、こちら注目すべきなのは部首も「入」になっています。


では、日本ではどうだろう?

ということで、ハイパー漢字検索*2で調べると、

http://www.theta.co.jp/kanji/detail.php?search_column=kanji_sjis&search_value=93E0

「えんがまえ」になっています。


違う部首になっていますね。


漢字の構造研究なら、聖書と呼ばれる辞書がある。漢「説文解字」です。しかし、ネットでは説文解字スキャン原稿がなかなか見つからない。

部首のことなら、権威になっている辞書もあります。清「康煕字典」です。早速康煕字典に調べるみると、

f:id:buttw:20050324013632:image

入部の中にあります。印刷体も「入」になっています。


部首というものは、関連性があるものもありますが、まったく関係がなく、ただ形が似ているだけで漢字をその部首に入れることもあります。そのため、「内」と「入」の関連性を検証してみたいと思います。

上の画像に、「内」の小篆体も付きました。 「入」を調べると、小篆体はこの形になっています。

f:id:buttw:20050324015217:image

同じだかどうか分からないので、「人」の小篆体にも参照してください。

f:id:buttw:20050324015248:image

まったく違う形になっています。


実は、「康煕字典」の「内」の語義の中に、「説文解字」からの引用もついていました。

f:id:buttw:20050324015441:image

入也。從冂入。自外而入也。

つまり、「内」の語源は「入ること」でした。


常用漢字の中に、意外に「入」部に属す漢字は「内」「兩」だけでなく、「全」も入部なんです。

f:id:buttw:20050324015651:image

残念ながら、「両」「全」について、康煕字典には語源についてあまり載っていない。手元に他の資料がありませんので、「入」との関連性が考証できません。


では、日本ではいつから「人」になりましたかと言うと、他の漢字と同じ、当用漢字表の仕業でした。

以下は昭和21年の当用漢字表の官報のかけらです*3

f:id:buttw:20050324020305:image

当用漢字表が頒布されるときまで、「入」のほうが正しかった。印刷体も「入」のままで、部首も「入」だった。

昭和24年、当用漢字字体表が頒布され、「人」を書くようになりましたが、部首は「入」のままでした:

f:id:buttw:20050324020551:image


いつから部首が「えんがまえ」になったのは、謎です。

結論

語源から見ると、やっぱり「入」です。

台湾の標準字体の制定は語源重視派なので、「入」を保留しています。

日本中国は書きやすさ(?)重視派のため、戦後から「人」にしました。


中国については、今の正字は「人」になっていますが、「標準字体」という官報があるかどうか分かりません。 中国漢字政策については詳しくないので、本文には言及しませんでした。

追記

銭衝さんもこういうコメントしました:

QianChong 『まあ見た目もほとんど同じだし、実際には慣用的な書き方として認められるんでしょうけどねえ。台湾学校での書き取りテスト入試などでは厳しくチェックされるんでしょうか?』

そうでうね。実際大学入学などの試験に、「人」で書いても誤字ではないと思います。ただ、小学校宿題ならチェックされる可能性が大きいです。 これは先生学校の個人差があります。

台湾では、1980年代教育部が「常用国字標準字体表」を制定し、中学校以下の教科書はこの字体表のフォントを使う義務があります。

この標準字体表の規定はびっくりするほど厳しいです。

f:id:buttw:20050324025407:image

どこまで要求するか先生によって違いますが、「内」ぐらいのものはほぼ要求するだろう。

私の母校が採用していた国字練習簿は教科書漢字に一つずつ正しい書き方を紹介していたので、標準字体は無意識に身についています。個人差がありますけど、知り合いも肉の「月」のなかを「ン」のように書いている人がよくいるようです。

さらに追記

「標準字体」が頒布されてから20年、本当に普遍になっているとは言えません。

なぜかというと、規定が厳しすぎるとか、一般のメディアは採用しないことなどが挙げられます。台湾は自由体制なんで、こないだ書いた発音の問題と同じく、教育部は規定を頒布することができますが、強制適用するのができないようです。(一方、中国ではフォント商品を売るには、政府の検査を受ける義務があるようです。)

公文書でも数年前までは「標準字体」を使っていなった。

パソコン普遍化によって、「標準字体」に接触する機会が増えました。繁体字中国語バージョンパソコンに、「細明体(MingLiU)」と「標楷体(DFKai-SB)」が付いています。そのなかに「標楷体」は標準字体です。

最近、研究論文や、政府の公文書など、「標楷体」を使うのが一般になり、街中でも見られるようになりました。上記の標準字体の例文も「標楷体」を使って作りました。

残念ながら、システムフォントとして使われている「新細明体」は標準字体ではありません。しかも、非常に問題が多いフォントです*4。また、外国語バージョンWindowsも繁体字中国語フォントとして「細明体」しか付いていません。


ちなみに、中国時報(中時晩報・工商時報含む)と聯合報*5が使っている明朝体も標準字体です(見出しのゴシック体は標準字体ではない)。機会があれば留意してください。 自由時報・台湾日報・中央日報・アップルダイアリーなどは残念ながら標準字体ではありません。

また、中国時報系ですが、時報週刊は標準字体でない模様です(確認中)。

*1:全字庫 http://www.cns11643.gov.tw/

*2http://www.theta.co.jp/kanji/

*3青空文庫から引用http://www.aozora.gr.jp/kanji_table/index.html

*4:「神」と「祈」の「示」偏旁の形が不統一とか…

*5:聯合報は標準字体を使っていましたが、既に普通の明朝体に換えたorz

tinuyamatinuyama2005/03/24 03:34buttwさん、なんと素早い解説! 標準字体表の規定について。台湾の小学生の國語の教科書を持っているので、確認してみると、確かに「月」の場合と「肉」の場合、字体が違いますね。知りませんでした。今度、自分の生徒に書かせてみよう(笑)。

buttwbuttw2005/03/24 03:55標準字体表の歴史は20年だけなので、恐らく30代以上の方はまったく知らないだろう(笑)。

sugiosugio2005/03/24 04:30ひえ〜面白いです。語源重視で漢字の成り立ちに納得が行くと気持ちが良さそう。

QianChongQianChong2005/03/24 08:34すごくおもしろい!“標準字体”、こういう解説を読んでいると、なんだか興奮します(笑)。確かに細かくて厳しいけど、こういうところにこだわって子供に教えるの、個人的には賛成です。場当たり的かつ愚民政策的に漢字政策を進めているどこかの国より、ずっと筋が通ってます。

buttwbuttw2005/03/24 09:15>sugioさん 漢字は研究すれば研究するほど面白くなるものですね。
>QianChongさん 実は中華民国も簡体字を実施するつもりでしたが、中国が先に実施したので、逆に政策を「伝統の漢字を守る」ことにしました(笑)。 機会があれば標準字体表のもっとややこしい文字を紹介します。