流浪在日本 RSSフィード

はじめてお越しの方へ

HN:but 台湾人・留学生・台中在住。
ハロプロの話題は本家に書いています。
こちらは九州での留学生活や中国語・日本語の話題について書きたいと思います。
外字を多用しており、「內」の括弧内の文字が見えない方はブラウザの日本語フォントを「MS UI Gothic」に設定するようお願いします。

2006年1月25日水曜日

「達人」は外来語じゃない! 意外な展開の巻 「達人」は外来語じゃない! 意外な展開の巻 - 流浪在日本 を含むブックマーク

これまで書いた大学入試に「Orz」の話題ですが、実は同じ問題で、「達人」という日本語からの不当な外来語も改正される対象でしたね(→24日参照)。

日本語の「達人」は、プロ・専門家・上達者という意味で、中国語では普段「專家」「大師」と言います。問題文は「星座達人」で書いてますので、日本語意味で使われたので間違いだと認識されています。


しかし、今日こういう投稿がありました。

入試国語問題は論争の的になり、火星語のほかに、「達人」という言葉も不当な外来語に考えられたが;これは古典で優雅な漢語語彙だと思う。


「達人」さん 日本から凱旋した紳士


唐・王勃の〈滕王閣序〉には「君子安貧,達人知命無責任訳:君子は貧乏に耐える・達人は命を知る)」という文があり、漢・賈誼の〈鵩鳥賦〉にも「達人大觀兮物無不可」が書かれた。もっと古い例もあり、《左傳・昭公・十七年》も「其後必有達人(無責任訳:その後必ず達人がいる)」という記載がある。唐・孔穎達疏曰く「謂知能通達之人(無責任訳:知能が通達した人なり)」。つまり現代語の中の「達人」は典籍の中の「達人」は明らかに血縁関係があると。

達人はおそらく漢語から日本語に流出し、また日本語から漢語に戻ってきた言葉で、語彙学ではこういう言葉を「回歸詞(回帰語)」と言い、「回帰語」の意味は本来の意味はいつも似たものでちょっと変わったものだ。現代漢語の中の回帰語は数えないほど多く、「經濟(経済*1」「文化*2」「寫真(写真*3」……などが該当している。我々はこういう言葉に受け入れやすい傾向があり、理由として、「そもそも漢語だった」からだ。語意も構造も典故もなぜか(歴史や文化に)繋がれる。こういう言葉を吸收することは語意活性化と語彙豊富化の重要ルートで、火星語とは格別違う。

(後略)

まあ、こういう投稿でしたね。


現代中国語には、上記の例だけではなく、「社会」「取締」など、たくさんの日本語語彙が散見しています。「外来語」自体も外来語ですね。

私自身の考え方としては、ドイツなどのところでも英語からの外来語彙を排除しようという動きがあるように(日本語外来語書き換え審議が何度かやりましたね)、中国語もある程度「必要のない」日本語外来語妥当中国語に書き換えたほうがいいと思います。


しかし、中国語の場合はもっと難しいです。

外来語というより確かに「回帰語」が多い現状です。一旦使うようになったら、「これが中国語じゃない!」という感じがなくなります。日本語外来語は少なくともカタカナで書きますが(笑)回帰語の場合は漢字語だし、文化的にも語意が通じます。 たとえば、「たばこ*4」「背広*5」はもともと外来語だったことはあまり知られていないのでしょう。

「達人」の「上達者」としての意味はやはり最近から使うようになった外来語回帰語)です。妥当か不当か別にして、まだちょっと違和感が持っています。

しかし「経済」のような数十年も使ってきた外来語回帰語)はだれも違いだとは思わないのでしょう。

どれか使うべきものかどれが使うべきじゃないものを分けるのも難しくなる一方です。


ちょうどその問題文の中に、「便當」という言葉があります。これは日本語の「弁当」で(戦前の表記は「辨當」)、これは回帰語に該当しなく日本語造語でした。中国語を使ってる地域には植民の経緯もあるだろう、台湾でしか使われていない模様です*6。「なるほど、達人はそのままでいい、改正すべき不当な外来語は便當のことか」という冗談もありました。 しかし、便當はすでに定着されていて、飯盒のほうが逆に違和感がしますが。


特に、最近コンビニキャンペーンとか「定食」「和風祭」など大量の日本語漢字フレーズを使うのが流行っていて、これからどれか外来語回帰語)かだんだん分かりにくくなる一方でしょう。

*1古典漢語では「経済」は「経世済民」などの意味で使われ、世間と人民を統治・管理する、つまり現代語の「政治」という意味でした。なぜか日本語で資金流通の意味に転じ、回帰語として中国語に回流しました。

*2古典漢語では「文治教化」の意味で、教育と礼儀の浸透度のような意味だと思います。現代語はそれを拡張してより広義に使っています。

*3古典漢語では「人物の図像」の意味でした。中国語に「照片」という言葉があるので、この例はよくないと思います。写真のことは普段「照片」といい、「寫真」と言ったら外来語違和感が働きます。しかし「写真集」は違和感なく言ったり聞いたりします。「照片集」は言わないね。

*4ポルトガル語のtabaco。

*5語源未詳で、「背広」は当て字。フロックコートなどと違って、背幅が広いことからとも、civil clothes(市民服の意)またはSavile Row(ロンドンの洋服屋街の名)からなどともいわれている。 -大辞林から抜粋。

*6中国では弁当のことを「飯盒」と言います。

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/buttw/20060125

2006年1月24日火曜日今日もOrz・・・

Orzについての続きです(笑) Orzについての続きです(笑) - 流浪在日本 を含むブックマーク

あなた、今日はorzですか?

関連記事

無責任翻訳

がっくり法則


がっくり度=[W+(D-d)]×TQ×M×NA

W
天気
D
借金
d
月給
T
クリスマスが過ぎてからの日にち
Q
悪い癖を直そうと思って失敗した日から経った日にち
M
自発性
NA
新しい目標を探す行動をとる必要性

イギリス Cardiff 大学の Cliff Arnall 博士が提唱している「がっくり法則」です。

変数は多すぎて計算しにくいが、とりあえずこの算式によって、「1月24日を含む週間の月曜日」は一年中一番へこむ日だそうです。今年だと昨日の1月23日です。

欧米ではクリスマスの大騒ぎが過ぎて、突然新しい一年になってやむを得ず頑張るしかないという気持ちで、一月はどうもやる気がない模様です。「January blues」といいます。


それでは、本題の大学入試の話題に戻りましょう。

試験に対する反響

大学入試に「Orz」という問題の反響はまだ続いています。

出題者はさっさと火星に帰れ!

今日の中国時報は「出題者はさっさと火星に帰れ!」という社説発表しました。

出題者が受験生Orzさせた

連合報は「出題者が受験生Orzさせた」と評論しています。なぜかおまけに「Orz」の起源について説明しています(こちら)。

Orz意味

ウィキペディア中国語版はなぜか「失意体前屈」という条目があります(汗)。

失意体前屈とは、日本から生まれたネット用の象形文字(或いは顔文字)、2004年頃から日本中国香港台湾流行りました。常用の表記はorz、Oro、Or2、On_、Otz、OTL、sto、Jto、○| ̄|_など、「orz」は一番多く使われています。ほかの顔文字とくっつけて使うタイプもあって、たとえばどうしようもない気持ちを表す「囧rz」。

Orzの普及によって、意味も増えています。最初の失意の意味のほかに、プラスの意味での「感服」も使われるようになりました。また、マイナスの「いい加減にしろ!」「まいった!」などのニュアンスもありました。

台湾ロックバンド五月天が2005年8月に発表した「戀愛ing」という歌の歌詞にも「超感謝你,讓我重生,整個Orz」というフレーズがありました。(後略)

一般的に、「感服」「五體投地」として使われてる場合も顔文字としての役割で、試験問題のように文章の内容として使われていません。

How to Orz

f:id:buttw:20060124163423g:image

正確な失意体前屈について勉強しましょう。


面倒なので、翻訳断念(日本語訳募集中)。

本当の試験問題はなんでしょう。

火星文問題」が話題になったものの、本当の試験問題はどうでしょう。

言葉を使うときに、場合・相手によって違う表現する方式がある。たとえばスピーチの話し方と仲間たちとのしゃべり方は多く違うだろう。書き言葉と話し言葉も同じなはずがない。下記の「運気」をテーマにした中学生の作文には例のほかに、9つ改正しなければならないところ:不当な俗語方言)・話し言葉外来語・文法的間違い・メディアネット誤用・記号による文字の書き換えなどがある。順番に正確な表現に書き換えなさい。

【例】文の中の「3Q得Orz」は不当の使い方だ。 3Qは「thank you」のことで、Orzは「膝を地面に付いた格好」の様子。「3Q得Orz感謝得五體投地」の表現はよいだろう。

今天我們班的運氣實在有夠衰, 開朝會時被學務主任點名, 說我們班秩序不良而且教室環境髒亂。我們班導師氣到不行, 回到班上嚴辭訓斥大家一頓,問我們究竟安什麼心? 林大同立刻舉手發言說, 我們一定會好好做反省的動作。衛生股長漲紅著臉幾乎快 ::>_<:: 了, 他拜託大家每天確實打掃, 他一定3Q得Orz。王明問班上的星座達人到底我們班為何如此時運不濟, 接二連三被挨罵受罰。更慘的是, 班上的蒸飯箱莫名其妙又壞了, 害得全班只好吃冷便當。偶氣ㄉ 要死, 媽媽昨天為我準備的便當, 本來粉不錯吃滴,卻變成難以下嚥的冷飯。想不到今天這麼倒楣, 昨天真不該聽信風紀股長的話, 到學校理髮部去理一顆一百塊的頭, 今天還不是一樣諸事不順!

問題文は中国語のままですみません。いや…翻訳不能です…。


(正解を書きますので、問題を解いてみたい方はネタバレ注意を。)

続きを読む

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/buttw/20060124

2006年1月22日日曜日Orz...

[] 大学入試問題に「Orz 大学入試問題に「Orz」 - 流浪在日本 を含むブックマーク

本日台湾全国に行われている「基本学力測験」(日本センター試験に相当)の国文科の試験問題に、「Orz*1」という言葉が使われていることが分かりました。

関連記事はこちら

ネット中に流行っている言葉誤用俗語(いわゆる「火星*2」)がいくつ挙げられ、学生に正確な中国語に直させる問題です。Orzのほかに、「偶」などの方言的表現と「ㄉ」のような注音文の表現も試験問題になりました。

ただ、この「Orz」の問題について、改正させるものは「3Q得Orz」になっています。「3Q」は「サンキュー」のことで、「感謝(すぎて)がっくり」はどう見ても意味不明でしょう。実はこちらの「Orz」は普段使われている「失意」「もうだめだ」「もうみてらんない」などの意味では解釈不能です。

出題者が公表している正解は「感謝得五體投地」だそうです。


五體投地という熟語は、普段「感服」という意味に使われ、本来は仏教用語らしく、両手・両膝・額という身体の五部分を地に付けて平伏し、仏や高僧などに礼拝することを「五體投地」といいます。

つまり出題者は、「Orz」を「五體投地」の様子として考えているようです。


実際、私は「Orz」を凹みの意味だけで使っていますが、この前ちょっと話題になったように、台湾では「Orz」は「好人文化」の一環になっています(→こちらにも参照)。つまり「あんたはいい人だけど…」に言われる状態を「Orz」で表現するのが普通です。 言葉は変わるものですから、ネット上に本当に感服などの意味で使われているかもしれません。

これからの「Orz」はどんな意味になっていくのだろう。


P.S. 試験に注音文はやめてくれ!

追記 1/23

台湾では、学歴社会のため受験戦争は大変ひどい状態です。この中、「試験教育リードしている」という現象があり、入試試験の内容や問題の形式はこれからの教育現場教育方針や模擬試験の参考になります。

「これからは予備校とかで学生火星文の問題文を了解させるために火星文を指導する方針を採ることになる」と、教育界からこの入試問題に対する批評が強い模様です。

ほかに、まだ浸透していない表現なので、ネット通信を使っていない学生(とくに田舎学生)にとっては不公平ではないかと。

試験センターもこの問題を採点しないことにするか、検討しています。

追記 1/24

24日に続きを書きました。

*1台湾式の表現は大文字のOを使うのが多いようです。また、「囧rz」というもっとブサイクな表現もあります。

*2:参照http://scrapbook.ameba.jp/mandarin_book/entry-10005543415.html。おそらく日本語では文字化けになるためこの文章は「英語系統」として紹介すると思うが、実際台湾では英語系統があまり使われていない、しかし注音文の乱用はひどくなっている…(中国ではピンインなので、本当にMMのようにアルファベット連発です…これも相当分かりにくい)。
また、「下」を同音の「嚇」を表す例について、あれはなんの系統だというと「誤変換」だと思う。中国語の文法の規則性は弱く、読み方式のIME日本語より相当高い確率に誤変換が発生する。もちろん誤字を直すべきがあるが、こういう大量の誤変換がそのまま含まれている文章が「不選字文」と言われ、火星文の一種として考えられている。

QianChongQianChong2006/01/23 07:40おもしろいですねえ。「Orz」は膝をついた格好だから、そこから派生してくる意味は中文のほうが多いかもしれませんね。“跪”という行為のとらえ方は日本人よりずっとずっと重いような気がするんですが。

Herr KatzeHerr Katze2006/01/23 19:47基本的には _| ̄|○ と同意だと思います。カラダの表すカタチとしては五體投地と酷似してるんでしょうけど・・・

buttwbuttw2006/01/24 00:34>QianChongさん・Herr Katzeさん いま台湾のネット上Orzの意味が多すぎてちょっと止まって考えないと誤解するかもしれません…。