GuyueHu の学好中文 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-01-03 このエントリーを含むブックマーク

 小学校クラス担当教師をしている友人によると、放課後、クラスの腕白少年が事務室にやってきて、カバンから「これ、父から先生への贈り物」と何やら包みを取り出した。開けてみると、中に入っていたのはサムスンカメラ付き携帯電話。すぐに元通りにして少年に返し、「話がしたいから」と翌日親を学校に呼んだと友人は話す。彼女は大変心を痛めていた。

 

  我有位朋友在小学校当班主任。她给我介绍了一件事∶有一次下课后有一个调皮的学生来到办公室就从书包里掏出个小包裹。对她说,“这是我爸爸送给老师的礼物。”她把那个小包打开,就看到里面是一款三星牌的带相机的手机。她把它照原样包好后,马上还给他。并且让他带给家长口信“有事要跟家长说话”,第二天叫家长来到学校进行了谈话。针对此事她说她十分难过。

記者子どもたちの高消費生活に関するアンケート調査を企画し、主任教師の友人に依頼して、授業前に実施してもらった。小学5年生47人のクラスの中で、一部高級ブランドの名前や価格帯を知っていたのは39人、実際に使っていたのは15人。一週間の小遣いが50元以上と答えたのが17人、100元以上が10人。市内高級店の場所を知っていたのが45人、実際にそこを訪れたり、利用方法を熟知していたのは40人という結果になった。

  记者就孩子的高消费问题,计划进行一次问卷调查,便请那位当班主任的朋友在上课前进行调查。调查对象是一个小学五年级班的四十七名学生。调查结果显示∶其中,三十九名学生知道部分名牌的名称和价位,自己使用着这种名牌商品的有十五名。每周的零用钱五十元以上的有十七名,一百元以上的十名。四十五名知道市区的高级商店在哪儿,去过这种商店或熟悉其利用方法的有四十名。