GuyueHu の学好中文 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-02-11高消費のつづき このエントリーを含むブックマーク

 子どもたちの交際方法は、家庭や社会と緊密な関係がある。ある教育専門家は心配そうに、「小さい頃から俗世間的なものに触れていると、利己的で、拝金主義に育ってしまう」と話していた。クラス担当教師をしている例の友人は、あのとき携帯電話を受け取っていたら、「お金があれば何でもできる」と彼に思わせてしまっただろうし、それに対する見返りがあれば、教師を敬わなくなっただろうと話している。

 昔からよく言われているが、「どんなに貧しくても教育が窮してはいけない。どんなに豊かになっても子どもを富ませてはいけない」という言葉が頭に浮かんできた


  孩子的交际方式跟他们的家庭和社会有密切的关系。有一位教育专家担心地说,“从小接触俗世事物的话,会形成自私自利以及金钱至上的思想。”那位班主任的朋友说∶如果她当时收下手机,那个学生会以为“钱能通神”,而如果老师照顾了他,他以后也不会尊敬老师了。

  这时我想起老生常谈的一句话来∶“再穷不能穷教育, 再富不能富孩子 ”

 

青少年の高消費動向がもたらすもの

 小中高生の高消費動向は、市場経済の発展によって生活レベルが向上し、このような消費を可能にしたことがまず要因にあげられる。さらに一人っ子政策によって、子どもたちが家の「小皇帝」「小公主」となり、甘やかされたり、厳しく教育されたりしなかったことが、直接の原因となったのだろう。

 好成績をあげた褒美として小遣いを渡し、子どもの要求に物や金で応える親がいることも、この傾向を助長している。



  青少年的高消费带来的影响

  中小学生的高消费倾向的主要原因是随着市场经济发展人民生活水平提高,使这样的消费成为可能。还有一个直接的原因是由于"独生子女"政策,孩子成为家里的“小皇帝”或“小公主”,娇生惯养或不受严厉的教育

  还有些家长作为孩子获得好成绩时的奖赏,以金钱或物资的形式去兑现。这种“以金钱或物品满足孩子的要求”的行为也助长了此风气。