GuyueHu の学好中文 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-05-05高消費 最終 このエントリーを含むブックマーク

 学生たちの高消費生活は、教育界の悩みの種となっている。哈爾濱市兆麟小学校の牛紅教師は、「子どもの金銭感覚や消費感覚に与える親の影響力は非常に大きい」としている。子どもを過度に甘やかし、偏愛する親たちは、青少年の消費心理をいびつに発達させ、互いに張り合ったり、虚栄心が強くなる傾向を招きやすい。

 黒龍江省教育科学研究大学部の龍恵林教授によれば、ほとんどの親が健全な消費感覚に欠け、子どもにみじめな思いをさせることを恐れている。困ったことに、こうした競争心理が子どもたちの金銭感覚を狂わし、高級品崇拝を生むことに、親たちはまったく気づいてない。

  学生的高消费问题成为教育界的一个烦恼。

  哈尔滨市兆麟小学校的牛红老师说,“关于孩子的金钱观和消费观,家长给他们带来的影响力非常大。”对孩子娇生惯养,过分溺爱会导致青少年的消费心理不健康,互相攀比讲排场,虚荣心变强。

  据黑龙江省教育科学研究大学部的龙惠林教授称∶大部分家长缺乏健康的消费观,并且害怕孩子感到寒酸,尤其成问题的是他们并不觉得这种竞争心理会使孩子的金钱观失衡,或产生对高档品的崇拜。

  

 独立心を育てよ

 学生たちがバブル消費に走っていることに対し、重慶教育委員会は「この傾向は絶対に改めるべき」と話している。それほど裕福でない家庭の学生が、自制力が足りなくて、親に過度の負担を強いる場合がある。素行不良の学生が私欲に走り、不満がたまれば、誰かをだましたり、盗みや恐喝を働く可能性も考えられる。

 取材を行う中で、重慶市の学生たちの意識が変化し、休暇を利用してアルバイトに励み、進んで社会勉強をしようという喜ばしい傾向を発見した。春節期間に、解放碑大都会広場の外で新聞売りをする少女に出会った。市内の学校に通う高校二年生、何紅である。


  培养独立感

  针对于学生的日趋泡沫消费一事,重庆市教育委员会称,“这种倾向应该改变。”

  有些家境不好的学生会因自制力不足而增加父母的经济负担。品行不端的学生会变得自私自利、满腹牢骚,甚至有可能坑蒙拐骗。

  记者在采访中发现了几个可喜的例子∶重庆市的学生们的意识有所改变,利用假日辛勤地打工,积极地参与社会活动。在春节期间碰见了一个少女在解放碑大都会广场外卖报。她是本市高中二年级学生何红。

 「お金を稼ぐのって本当に大変。」何紅は石段に座り、このように話してくれた。一人っ子で、家庭環境もよく、成績も上位にいる。大事に育てられたため、靴下さえ洗ったことがなく、先生にも同級生にも「お嬢様育ち」と言われた彼女は、休暇を利用して新聞売りを始めることにした。毎朝5時に起きて新聞を受け取り、一日中歩き回って、手にするのはせいぜい20元余り。街中で倒れそうになり、もう辞めようと思ったことも何度かある。

 それでも、彼女は辞めなかった。新聞売りを始めた当初は、仲間にいじめられ、どうしていいか分からず、泣いてばかりいた。今は大勢の友人ができ、授業が始まるまでアルバイトを続けるつもりと話していた。


  “挣钱真不容易。”何红坐在台阶上说。她是个独生女,家庭环境好,成绩也好。她是父母掌上明珠,平时连袜子也没洗过。老师和同学们称她“大家闺秀”。

她竟然决定利用假日卖报。每天早晨五点起床去领报纸,转悠一天只能挣二十多元。有几次在街头险些晕倒,那时就想要放弃。

  但是,她还是坚持了下来。刚开始卖报时,遭到了同伴的欺负,老是哭,但现在有了很多朋友。她说,“打算一直做到新学期开始之前。”

 重慶老乾媽火鍋店では、春節期間中に100名以上の学生アルバイトをしていた。店内で汗だらけになって歩き回る張全と陳旬は、どちらも重慶環島実験学校に通う高校生である。

 ほかにもたくさんの学生が、冬休みを利用して、重慶市内の飲食店で働いていた。その中には、何紅のように家庭環境に恵まれた子どももいれば、張全や陳旬のように苦しい生活を送る子どももいる。それぞれ背景は違っても、ひとつだけ共通点がある。それは彼らが独立独歩精神で歩き始めたということだ。


  在重庆老干妈火锅店里有上百名学生在春假期间打工。张全和陈旬在饭店里满身是汗地忙来忙去。他们都是重庆环岛实验学校的高中生。

  还有很多学生利用寒假在重庆市里的饭店打工。其中有像何红那样家境良好的孩子,也有像张全和陈旬那样家境困窘的孩子。虽然各人的家庭环境不一样,但有一个共同之处,就是他们开始独立自主起来。

guyuehuguyuehu2006/05/05 10:24気がついたら4月は全くアップしていなかったです。
このテーマはこれでおしまいです。
次はエコ関係の日文中訳です。