オボエテタンゴ

2017-11-01同級生

今年の私は生誕50周年なので、小中高のクラス会や同期会や

個人的での再会がどど~っと続いている。

不思議なことに50歳ともなると、記念の年に会っておかないと!

会えるうちに会っておかないと!なんて気持ちが

皆に芽生えるのだろうか?


これまた不思議なのは、何十年も音信不通の旧友なのに

会った途端にすっかり馴染んでしまうこと。

一緒に過ごした日々よりも、離れていた時間の方が

うんとうんと長いのに。

お互い、知らない人生を歩んできたのに。


自分と旧友との関係は、あの頃のまま凍結されていて

目が合った瞬間にレンジでチーン!と融けたようだった。

今の家族のこと、仕事のこと、親の介護のこと

何でもスラスラペラペラ話せて

相手の話もうんうんと親身に聞けて、場合によっては一緒に泣いた。


ほんの数年前まで、幼稚園の送迎で毎日会っていた

息子のママ友たちとは、今再会してもこんなに話せないだろう。

手のかかる時期の子育てを共にした戦友だけど

子供が繋いだ関係であって、私個人が繋いだ間柄ではないから。


で、先日も大学の同期C君から20年振り?くらいに電話があった。

彼は仕事で一か月札幌に滞在しているらしく

「lingさん、美味しいところ連れて行ってよ~」

てなお誘いだったのだけど、いやいやワタシが札幌に住んでたのは7年前だし!(そんなかっ!?)

もうすっかり東京のシティ派おされマダムだし!(誰がじゃっ!?)

と、変わらぬ彼のずっこけぶりに笑ったのだが

続く会話の内容で、私は動けなくなった。


私たちはテニス部の、正式には体育会硬式庭球部の同期だった。

当時流行りの華やかなテニスサークルとは一線を画し

白い無地のウェアを泥だらけにしながら、走り回っていた。

男女とも部員数が少なかったから、三年生になってもコート整備やボール拾いをしていた。

公式の試合や、新入生歓迎会、三年生引退などの飲み会では

男子は学ランにグレーのスラックスが正装だった。


その学ランが、一番似合っていた男子部主将のT君。

背が高くて、細くて、ヤクザ映画にもってこいの切れ長強面。

彼がどんぶりでお酒を一気飲みする姿の背景には

躍動する龍やら虎やらの姿が見えるようだった。

でも素顔はすごく真面目で物腰も柔らかで

同期なのに、女子には敬語で話していた。

見た目とは大違いで、いつも周囲をほっこり和ませてくれたT君が

3年前に病気で亡くなっていたという。


そういえば、少し身体が弱かった印象がある。

福島のご実家から、お母さんが心配してよく養命酒を送ってきてた。

「いや~、まずいっスよ~」

って、困りながらも飲んでいた。

卒業後は地元に帰り、公務員になったところまでは覚えている。

でもその後、一度も会っていない。


T君は、生涯独身だったそうだ。

彼が闘病中、先にお母さんが旅立ったらしい。

残されたお父さんのお気持ちを思うと、神様は残酷だと思う。

どうして良い人ばかりが、早くに逝ってしまうのだろう。


T君の死は、自分でも驚くくらいに私の心をえぐっていった。

料理をしてる時、洗濯物をたたむ時、カーテンを閉めた時

日常生活のなにげない場面でT君の顔が浮かび

ぽろぽろと涙がこぼれて止まらなくなる。


別に恋人だった訳でもないし、何十年も会ってないんだし。

でも、同期が亡くなるって、こんなにも辛いんだ。

これから歳を取ると、こんな思いを何十回もするのだろうか?


今月がT君の三回忌。

C君は毎年、同期や後輩を連れて福島まで行き

お参りの後にT君のお父さんと飲んでいるそうだ。

C君とT君はダブルスのペアだったよね。

私なんかより、C君の方がずっとずっと辛いよね。


T君、今年は私も会いに行くよ。

「lingさん、老けたましたねぇ」

なんて思われないように、あの頃の筋トレをしてから行くよ。


本日のオボエテタンゴ

面红耳赤

mian4hong2er3chi4

顔も耳も真っ赤になる

T君は照れ屋さんだった

2017-09-11ヘアドネーション

ワタクシ、ついに50代に突入いたしました~!!

お祝いカード、メールをくださった方々

そしてこんなブログにはてな★をくださった方々

本当にありがとうございます。

この歳になってもお祝いしてくださる人が、家族以外でいる幸せ!!

ありがたいです!

噛み締めております!

顎関節症の負担にならぬよう、じんわりと!


物欲も食欲も、その他の欲も減り減りの50歳。

なので記念に髪を40㎝切りました。

最近、ちょっと話題のヘアドネーションです。

詳しくはコチラ!↓

https://www.jhdac.org/index.html


一昨年、乳がん疑惑に揺れていた時にこの活動を知り、

なんだか救われたように気がしました。

もし自分が本当にがん患者となり、治療の過程で髪を失っても

事前にカットして寄付すれば、誰かの役に立つ。

それが前向きに生きるための、原動力になるようで不思議だった。

これは女性ならではの想いなのかな~

やはり髪は女の命だものね~


当初は娘の卒業式で着物を着るため、適当に伸ばしていた髪だけど

寄付しよう!と決めてからは、まるで植物を育てるかのごとく

大事にケアするようになりました。

年齢的に、ロングを保つのは結構大変で~泣

乾燥するし、抜け毛はすごいし、ケアをサボるとすぐにツヤがなくなるし~泣泣

渾身の人生最長、人生最後のロングヘア。

50歳の節目に切らずしてどーする!?


で、ばっさり。

お相撲さんの断髪式のように、美容師のお兄ちゃんが

「入刀します!」とばっさり。

これがね~、ものすごい達成感と爽快感だった!!

切り束ねられた髪は、想像以上にずっしりと重くて

その分、頭は全部抜けた!?と思うほど軽くなった。

素敵なウィッグになるんだよ~

待ってる子が、笑顔になりますように~


息子を出産して、胎盤から臍帯血を寄付した時の気持ちとちょっと似てた。

ヘアドネーションは、一人で何度も寄付する方もいらっしゃるそうで

その気持ちも、ちょっと分かった。

人の役に立つということは、結局自分の役にも立つんだな。


という訳で、生まれ変わったネオ玲姐。

50代のテーマは色気です!

むむぅ。ど、どこをどうすれば!?


本日のオボエテタンゴ

在有生之年

zai1you3sheng1zhi1nian2

生きている間に

やりたいことイロイロ!

2017-09-05熱い初体験

昭和ヒトケタ生まれの実家の母は、高齢者あるあるのエアコン嫌いで

どんなに猛暑でも扇風機でしのいでいる。

毎年夏になると、母が熱中症で倒れやしないか?

命取りにならないか?とヒヤヒヤし

兄と共に何度もエアコン使用を勧めて

いい加減に母からうるさがられていた。

全く年寄りは頑固だな!

と、ぷりぷりしていた娘のワタシが、この度熱中症になりました。


な~ぜ~~っ!?


別に炎天下で騒いでいた訳でもないし

我が家のエアコンはほぼ一日中、フル稼働だったのに!


最初は更年期障害のホットフラッシュかと思った。

ほてりと眩暈がそっくりだったから。

でものぼせ具合が強烈で、水分は摂れたけど食欲が全くなかった。

そのうち微熱が出て、肘下、膝下が痺れてきた。

あ、こりゃ更年期障害じゃないな、と直感。

しかしその日は日曜日で、かかりつけ医は休診だ~っ

地域の医師界がやってる休日診療所に電話したら

「診察はするけど処置する設備はないので、必要なら他院へ紹介する」

ですって!

何のための診療所なの?!

あまりの使えなさに、熱が上がったわ!


なので口腔外科でお世話になった総合病院の救急外来へ、一人電車で行ったさ!

駅近だったからね!

タクシー呼ぶより早かったからね!

ついでに言うと、夫はまだ札幌で遊んでいて不在だったからね!

病院に着いて計ったら、熱が38度を超えていたよ!


救急医の先生はヲタク系の小太りだったけど(←失礼な偏見)

問診と説明がすばらしくうまかった。

高齢者じゃなくても、涼しい室内でも

寝不足だったり、体調不良の時は熱中症になりやすいそうだ。

で、ワタシの経緯は半月前まで遡り、、、


スクーリング期間は脳みそ大興奮のため、ずっと寝不足

最終日、一人打ち上げでインドカレーうどんとビール。夜間にお腹きゅる。

翌日から札幌で家族サービス。キャンプやらドライブやら。

やはり北海道に来たらお寿司。さらにきゅるきゅる。

帰京。札幌との温度差にぐったり。

小学校や地元商店街の夏祭りの付き添い。

熱中症。あがり。


「できてる!こりゃ見事に熱中症の流れができてますよ~」

と、先生。

なのでぶっすり点滴打ってもらいました。

口腔外科のR先生といい、見た目はナンだけど人柄は良いわ~(←さらに失礼)

この病院のワタシランキング、急上昇です!


しかしホントに無理がきかない歳になったんだなぁと

しみじみっつーか、とほほっつーか。

この先の人生計画を、練り直さねばと思った2017年夏。

アラフィフの皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


本日のオボエテタンゴ

装空调

zhuang1kong1tiao2

エアコンをつける

結局は母は、この夏もつけずに元気バリバリ

2017-08-28初心とお知らせ

今年もやってきた夏期スクーリングの季節!

夫と子供たちには北海道へ飛んでもらって

ワタシは夢の一人暮らしだぜ、イェーーーーイ!

のつもりが

今回のスクーリングは朝から晩までみっちり講義で

最終日には別科目中間試験があり

更に翌日には心理学検定試験という三つ巴スケジュール!

ナニコレ!?

夜遊びすなってこと!?(そうだろう)


で、始まってみましたらば

脳みその使い過ぎでしょうか?

二日目の時点で前頭部の白髪が増発し

夜中に自分でカラーリングをする侘しさでした。

とほほ~

世の中甘くないわね!

とはいえ、何回かは飲みに行ったけどね!


肝心の講義は「心理アセスメントⅠ」

主要な心理学や発達に関する検査法の実践だ。

それらは以前に息子が受けた検査の数々である。

久しぶりに教材を見たら

胸の奥がきゅうっと締め付けられて

あの頃の想いが波のように押し寄せて

初日は涙を堪えるのに必死だった。


今、息子は何の療育も受けずに過ごしているけれど

当時のクラスメイトの大半は、継続して支援を受けている。

母親たちも、まだ戦っている。

先の見えない不安や心配。

成長に伴い次々と現れる、新たな悩みや試練。

ワタシが発達心理学の勉強を始めた理由。

初心を叩き起こされた気がした。

浮かれててすみません。

精進します。


さてお知らせです。

2001年に開設したワタシのHP「中華三昧」を、8月末で閉鎖することにしました。

中国語翻訳の営業活動として始めたのですが

二回の出産と引っ越しと、あんなことこんなことに流されているうちに

もう10年近く放りっぱなしだったこのサイト。

ワタシは翻訳業からも中華からも、すっかり遠ざかってしまいました。

この先、ワタシが翻訳を生業とすることは、まずないでしょう。


いや、老後にあるかな?

いやいや、もう頭サビサビだしな。

恐らく今のワタシの中国語力は、中学二年の娘の英語力と

差不多ではないか?と思われます。

それで中国語翻訳者を名乗るのは、全くもってお恥ずかしい~

でも中国語とは、蜘蛛の糸の如く細い糸で、繋がっていたいと思っています。

なのでこの「オボエテタンゴ」は、これまた細々と続けてゆくつもりです。


「中華三昧」を通して、繋がった皆さま。

ご意見、ご感想をメールでくださった皆さま。

今まで本当にありがとうございました。

日中間の友好を祈って。

玲姐


本日のオボエテタンゴ

口译/笔译

kou3yi4/bi3yi4

通訳/翻訳

人生の目標は変わることもある

2017-07-18奇跡の夜

3月に「We are X」の映画を観てからというもの

私の中で眠っていたロック魂が燃え上がり

これはなんとしてもライブに行かねば!!と

鼻息荒く、いろんな先行抽選に申し込むもすべて落選。

映画、3回も観たのに!

モバイル会員にもなったのに!

一般販売など、サイトに繋ぐことすらできずに完売だったさ!

むっきーーっ!


仕方なく、動画サイトで昔のライブを観たり

メンバーの関連書を読んだりして自分を慰めていたところ

YOSHIKIの緊急手術とな!

あわわわわ~

よっちゃ~ん!

もうドラムもピアノも弾かなくていいから、とにかく生きていて!

と、身内ばりに心配して、手術当日は近所のお寺にお参りまで行っちゃって。

でもその反面、これでライブは延期だろうな~と

チケット取れずに諦めもついたというのに、まさかの決行!

しかも初のアコースティックバージョンですと!?

くく~っ!


またもや悔しさがぶり返し、チケット転売サイトをさまよう日々。

定価の倍以上の高値すら、ポチッてしまいそうになる~

悪魔に魂を売り渡そうかと揺れる心を、娘にたしなめられる母まもなく50歳。


「真のファンはチケットを定価で買うもの。それがダメなら諦めなさい。転売屋撲滅でしょ!」


正論です、娘よ。

正論だけれどもぉぉぉ

行きたいんだよぉぉぉ


そうしたら直前になって追加席販売のお知らせが!

神様!!

取る!絶対取る!

これはイケる気がする!


で、あっさり一枚取れた。

あれ?

嬉しいけど、ちょっと複雑。

この数か月間の心の乱れは、何だったのでしょ~か?!

んも~、よっちゃんたら~!(←何様)


長い前置きを越えて

20数年振りに参戦したXJAPANのライブは、まさに奇跡の夜だった。

開演前、YOSHIKIドラムセットと記念撮影して、早くも涙。

間近に見るクリスタルドラムの美しさといったら、ふ、震える~!

そして開演1曲目で、Toshlの生声を聴いた途端にまた涙。

洗脳騒動から、よくぞ帰ってきてくれたよ~!

更に「紅」でHIDEのアルペジオ映像が映し出され、ド号泣。

あぁ、彼がいたら、、、


アコースティックの演奏は、一音一音が心に響いてとても素敵だった。

ジプシーキングスみたいに渋かった。

メンバー間の会話に笑わされ

メンバー間の愛に鼻血が出そうになり

観客全員で大合唱して

Xジャンプも飛んじゃって

最後に歩くのも辛そうなYOSHIKIが深々とお辞儀をし

その姿が痛々しくて、でも嬉しくてまた号泣。


昔好きだったアーティストの曲を懐かしむだけでなく

人生について、生きることについて、いろいろ考えたこの数か月の集大成。

よっちゃん、ライブを決行してくれてありがとう。

あの場に一緒に居られて幸せでした。

この先、何があっても強く生きていけそうです。

さぁ、腹から声出せ!

We Are X!!


本日のオボエテタンゴ

水晶

shui3jing1

クリスタル

Toshlの声もYOSHIKIのピアノも