オボエテタンゴ

2017-09-05熱い初体験

昭和ヒトケタ生まれの実家の母は、高齢者あるあるのエアコン嫌いで

どんなに猛暑でも扇風機でしのいでいる。

毎年夏になると、母が熱中症で倒れやしないか?

命取りにならないか?とヒヤヒヤし

兄と共に何度もエアコン使用を勧めて

いい加減に母からうるさがられていた。

全く年寄りは頑固だな!

と、ぷりぷりしていた娘のワタシが、この度熱中症になりました。


な~ぜ~~っ!?


別に炎天下で騒いでいた訳でもないし

我が家のエアコンはほぼ一日中、フル稼働だったのに!


最初は更年期障害のホットフラッシュかと思った。

ほてりと眩暈がそっくりだったから。

でものぼせ具合が強烈で、水分は摂れたけど食欲が全くなかった。

そのうち微熱が出て、肘下、膝下が痺れてきた。

あ、こりゃ更年期障害じゃないな、と直感。

しかしその日は日曜日で、かかりつけ医は休診だ~っ

地域の医師界がやってる休日診療所に電話したら

「診察はするけど処置する設備はないので、必要なら他院へ紹介する」

ですって!

何のための診療所なの?!

あまりの使えなさに、熱が上がったわ!


なので口腔外科でお世話になった総合病院の救急外来へ、一人電車で行ったさ!

駅近だったからね!

タクシー呼ぶより早かったからね!

ついでに言うと、夫はまだ札幌で遊んでいて不在だったからね!

病院に着いて計ったら、熱が38度を超えていたよ!


救急医の先生はヲタク系の小太りだったけど(←失礼な偏見)

問診と説明がすばらしくうまかった。

高齢者じゃなくても、涼しい室内でも

寝不足だったり、体調不良の時は熱中症になりやすいそうだ。

で、ワタシの経緯は半月前まで遡り、、、


スクーリング期間は脳みそ大興奮のため、ずっと寝不足

最終日、一人打ち上げでインドカレーうどんとビール。夜間にお腹きゅる。

翌日から札幌で家族サービス。キャンプやらドライブやら。

やはり北海道に来たらお寿司。さらにきゅるきゅる。

帰京。札幌との温度差にぐったり。

小学校や地元商店街の夏祭りの付き添い。

熱中症。あがり。


「できてる!こりゃ見事に熱中症の流れができてますよ~」

と、先生。

なのでぶっすり点滴打ってもらいました。

口腔外科のR先生といい、見た目はナンだけど人柄は良いわ~(←さらに失礼)

この病院のワタシランキング、急上昇です!


しかしホントに無理がきかない歳になったんだなぁと

しみじみっつーか、とほほっつーか。

この先の人生計画を、練り直さねばと思った2017年夏。

アラフィフの皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


本日のオボエテタンゴ

装空调

zhuang1kong1tiao2

エアコンをつける

結局は母は、この夏もつけずに元気バリバリ