オボエテタンゴ

2018-01-18将来の夢

なんともう1月中旬とな!?

昨年、夫の父が他界したため、喪中の我が家。

年賀状を出さないって、年末年始がこんなにも楽、、、モゴモゴ

いやはや、お正月感がありませんな~


で、今更ながら一年を振り返ってみると

50歳記念年にふさわしく、懐かしい面々とたくさん会えました。

だけど悲しいお別れもいくつかあって

これまでの人生、今後の生き方について

いろいろ考えさせられた2017年。


年末に高校のクラス会があり、恩師と32年振りに会いましてね。

ワタシは担任の先生にずっと聞きたかったこと

そして、今伝えたいことがあったのです。


当時はまだ新卒で、先生というより兄貴的存在だったS先生。

いつも飄々として、よく言えばおおらか。悪く言えば放任主義。

S先生から叱られたことも、褒められたことも記憶にないけど

常に見守られている安心感は、多分クラス全員が感じていたと思うなぁ。


そのS先生がワタシに対し、唯一熱心に、そりゃもう半ば強引に

進路指導で某大学への推薦入学を、ゴリゴリ推したのですよ!

それまでワタシは聞いたこともないその大学。

調べてみたらかなり自由で奔放で、今や絶滅に近い学生運動が超盛ん。

そのため大学周辺には、常に自衛隊が警備しているらしい。

つまらない授業や休講の多い教授は、学生の署名活動と暴動で辞めさせられたとか

それでもある教授は、テストの答案を紙飛行機にして飛距離で採点するとか

地下教室で、学生がAV映画を撮影してヒットしたとか

大学祭は連日オールナイトで飲み屋がメインとか

肩に猫を載せて通学する人がいるとか

スキンヘッドの女子が多いとか

とか!とか!


※これらは某大学の都市伝説と言われています。

真実、デマ、誇張縮小混在なり。

現在はごく普通の大学となったようです。つまんね、、、モゴモゴ


S先生はワタシの何を見て、この大学を推したのでしょうか!?

それにね、たまたま横に居た担任でもない地理の先生もね

「お!某大学か!?いい!オマエに向いてる!ばっちり!」

なんて大賛成だったのも何故!?

ワタシ、高校時代は地味に真面目にやってたつもりなんですけども!


32年の時間を経て、ついに明かされるS先生の真意!

と思ったら、その前にどえらい昔話をされて眩暈がしたワタシ。


三年生の夏休み、クラスで自主的にキャンプへ行きまして

受験生の夏に、二泊のキャンプとはどういうつもりか!?

と、当時S先生は学校側から相当叩かれたそうなんですが

「いや~、楽しそうだし」

と、S先生はどこ吹く風。

ワタシたち生徒も全員参加で、担任が担任なら生徒も生徒と校長は諦めたそうです。

でも後日談だけど、10クラスのうち進学率トップはウチのクラスだったんだって!

S先生クラス、やるときゃやるゼ!


キャンプ二日目の夜。

全員で車座になり、将来の夢について話したらしく

当初S先生は、年頃の子たちは恥ずかしがって教えてくれないかな?

シーンとしてしまうかな?

などなど、心配されていたそうなんですが

思いのほか生徒たちは熱く夢を語って、盛り上がったそう。

官僚になって天下りしたい男子。

専業主婦になって、女の子二人が欲しい女子。

バリバリのキャリアウーマンを目指す子。

バンドで成功したいロッカー。


ワタシはといえば、キャンプに行ったことはうっすら覚えているけれど

内容まではさっぱりで、将来の夢なんか話したっけ?という記憶のなさだったんですが


「その中で、一番覚えているのがlingなんだ。あれは衝撃だった」

とS先生。

な、なんですと!?

ワタシ、一体何を言ったんですかっ!?

覚えてない!全く覚えてないぃーーーっ!!


「lingはね、『私は綺麗なまま死にたいです』って言ったんだよ」


(゚д゚)!



(゚д゚)!!



(゚д゚)!!!


ザワつくクラス会現場@横浜居酒屋。

「そうだった!思い出した!」

「lingちゃん、そう言ってた~!」

との声が、男子からも女子からも上がって更に眩暈。

なんで皆、覚えているの!?

なんで自分は覚えてないの!?



「いや~、俺びっくりしちゃってさ」


言った本人もびっくりです。


「この子は将来どんな人生を送るんだろうって、ずっと心配だったんだよね」


お蔭様で二児の母となりました。


「だから今日会えて、幸せそうで嬉しいよ」


先生ぃぃ~~涙涙

で、どうしてあの大学を推したんですか?


「だってlingにピッタリだったでしょ」


えぇ、とても。

この上なく最高にドンズバでした。


今またワタシが大学生となり、心理学の道へ進んだことを話したら

S先生はとても喜んでくださった。

その笑顔を見て、ワタシもすごく嬉しかった。

卒業以来32年、一度もお会いしていないのに

S先生はずっとワタシたちの担任なのだ。


できることならあの日に戻って

18歳のワタシにカウンセリングしたい。

何が不満だったの?

何が不安だったの?

あなたの人生は確かに良いことばかりじゃないけれど

沢山の人たちが助けてくれるよ。

それはあなたの財産なんだよ。

年を取ることは、心が成長することだよ。

だから前を向いて、毎日に感謝して生きなさいね。


50歳のワタシはもうあちこちガタがきて

鏡を見るたび、がっくりしてしまうけど

将来、心は綺麗にして逝きたいと思う。

これまでの色んな恨み、嫉みをそぎ落として

魂を磨くことが今年の目標です!


今年初のオボエテタンゴ

班主任

ban1zhu3ren4

担任

大学の担当教授とは、一味違う何かがある