オボエテタンゴ

2016-09-20初音ミクと李连杰

今月、49歳の誕生日を迎えました。

お祝いメッセージをくださった方々

こんなおばはんにありがとうございます。

40代のラストイヤー、健やかに穏やかに過ごしたいわ~


の予定が!

誕生日の翌日、雨の中を娘の付き添いで幕張メッセへ。

初音ミク マジカルミライ2016

http://magicalmirai.com/2016/


まったくこの歳になって、蛍光棒を振るとは思いませんでしたよ。

そもそも我が子が、いつのまにかオタクになっていたとはね!?

ボーカロイド!?

バーチャルアイドル!?

そんなものにうつつをぬかしておるのか!?

どうせ集まるファンは、ロリコンのオタクばかりでしょ?(偏見1)

女子は女子で、似合わないコスプレしてるんでしょ?(偏見2)

と、昭和生まれのおっかさんは否定的だったのですが、、、


実際、会場内は痛いコスプレーヤーや、全身グッズまみれの男性などで異様な雰囲気。

男女比は7:3くらいでしょーか?

年齢層はなかなか高め。

我々の席は「U18」といって、未成年者と付き添い者対象のゾーンだったから

親子連れがちらほらいたけど、大半はいい大人ばかり。

西洋人の男性も結構居て、超~盛り上がっておりました。


そして肝心のライブは、予想をはるかに上回る衝撃!

アニメーションと音響の技術は素晴らしかった!!

いや~、日本ってすごいわ!

こりゃ海外のファンはびっくりぽんだわ!


ステージ上に張られた透明スクリーンに映し出された初音ミクは

本当に生きているみたいだった。

ダンスを踊る身体の動き、スカートの揺れ具合、

瞬きの間隔、ブーツの皮の質感など、すごくリアルなの!

どうなっているの?

どうやっているの?

私はその仕組みが気になって気になって仕方がない。

一方娘は狂喜乱舞状態で、話しかけたら邪魔するなと怒られた。

こわ~


確かによくできたプロジェクトである。

歌詞はよく聞き取れなかったけど、恐らく若者の心を代弁しているのだろう。

メロディも特徴的で耳に残る。

そして生で見る、、といってよいのか分からないが

当の初音ミクは仕草のすべてが可愛らしかった。

もし、生身のアイドルが同じことをしたら

それはかなりあざとく、媚びた感じがすると思う。

でも非現実的な顔の小ささと細く長い手足

無機質な声の初音ミクなら受け入れられる。

そこまで計算に入っているとしたら、こりゃスタッフは相当だわよ~

ブレインは誰!?

誰が一番儲けているの!?(←ゲス)


帰宅後、早速調べてみると

ボーカロイドの開発はヤマハとクリプトン

http://www.crypton.co.jp/mp/pages/prod/vocaloid/cv01.jsp


ステージ上の映像は、22台ものプロジェクターから映し出されていたのね~

ううむ。しかし両社の絡みがよぅ分からん。

グッズやポスターなどのキャラデザインを、複数のイラストレーターが担当しているのは何故だ?

何故に統一しない?

いかにも萌え系の絵面が多くて、私としてはすごい違和感がある。

初音ミクはアンドロイドなのだから、シュッとして近未来的じゃないと!

って、すっかり私もハマっとるがな!

いや~初音ミク、恐るべし。


自分の好みに迷いが生じたワタシを、救ってくれたのは李连杰でした。

数日後、折よくNHKで彼の映画をやっていたのです~


海洋天堂

http://www.crest-inter.co.jp/kaiyoutendo/


もはや中国映画でもジェット・リーの表示だけど、私は连杰の方が馴染みがある。

彼がアクションなしで演じた初めての文芸作品。

しかも無償での出演を、自ら申し出たという。

内容は、、、説明不要。

とにかく観て!!

ハンカチ必須!!


男性の役者さんというのは、歳を取ると渋みが出るなぁ。

连杰があんな表情をするなんて

息子のためにお裁縫をするなんて

もうもう、だーーーーっ(泣)


実はこの映画、以前に療育センターの勉強会で取り上げられ

鑑賞会が開かれていた。

でも、当時の私は観る勇気がなかった。

なんだか自分を追い込んでしまいそうで、恐かったのだ。

数年後の現在、ようやく観ることができて

それでもやはり胸の奥が痛んだ。

チリチリチリチリ

消えかけた線香花火のように、ずっと痛い。


これまた後で知ったのだけど

海洋天堂の撮影はクリストファー・ドイル。

音楽は久石譲。

監督の薛晓路は、10数年も支援施設でボランティアをしていたそうな。

なるほどね~

良い作品の裏には、一流のスタッフありですな!


私も勉強がんばろ。

改めてそう思った。


本日のオボエテタンゴ

片酬

pian4chou2

出演料

ノーギャラで受けた连杰の意気込みが、ひしひしと伝わります。

2016-09-06ご褒美

子どもたちの新学期が始まり、私はようやく半年の履修を終え

一足遅い夏休みになった。

いや~、やっぱりキツイわ~本科生!

でも学ぶことも多いわ~


通信科というのは、普段はテキストによる独学

またはネット配信によるメディア授業が中心なのだが

夏期や年末にはキャンパスに通って、対面授業を受けなくてはならない。

この夏、私は初めての対面授業に1週間通うことになり

その間、夫と子どもたちは札幌へ行くことになった。

つまり!

夢の一人暮らし~!!

うっひょーーっ!!


朝から晩まで、また朝まで一人なんて!!

それが1週間もつづくなんて!!

母親になって13年、こんな日が来るなんてねぇ~(泣)


対面授業が朝イチからだったので、余り夜更かしはできないけれど

普段、夜しか会えない友人・知人らとの宴会をモリモリにし

自宅では子どもの教育上、けしからぬ恰好でうろうろし

それはそれはホントに夢のような1週間でありました。

一人暮らし最高!

自由って素晴らしい!


事前にママ友から

「寂しくなって、ついつい子どものこと考えちゃうよ~」

と脅されたけど

私はちっとも、全くもってこれっぽちも寂しさを感じませんでした!

大丈夫か!?私の母性よ!?

ま、子どもたちも全然平気みたいで、母子分離ができてるってこと?

特に息子は元気バリバリ!

やはり生まれた土地だからか?

単に涼しい夏で、遊びまくれたからか?

今や東京の夏は、外では遊べないものね。

娘と夫は、家事と息子の世話で若干疲れておりましたが・・・

わははは~!

これで母のありがたみが分かったであろう!


話戻って、対面授業。

学生の年齢層は高く、私で平均値くらい。

若い20代も居たけど、大半は社会人入学で

現役の幼稚園教諭や、支援級の先生が多かった。

皆さん、お仕事しながらすごいなぁと感心しきりでした。


ただ心理学という分野のせいか?

濃い人が多いわー!

教職者ってのは話はうまいけど

人の話は聞かないわー!

息子からみで、これまで何人もかかわってきた、療育の先生方のまんま!

その人たちと、教員VS保護者ではなく

対等な学生という立場で話し合えるとは、これまた不思議。

世の中、何が起こるか分からないよね~


今回の授業は、心理療法的カウンセリングの基礎。

基本理念を学びながら、実践もするのですよ!

も~ワタクシ連日目から鱗がバリバリ剥がれ

二日酔いも寝不足も全く気にならず、脳みそフル回転!

やはり講師がイケメンだと、学ぶ意欲も上がるわね!(←結局そこか)


まだまだ私は心理学をかじったばかりだけど

カウンセリングを受ける側としては、なかなかの経験値だと思う。

それでふと、疑問に思った。

これまで私が受けてきた、息子の発達や成長に関するカウンセリングで

カウンセラー側の先生方は、この心理療法を学んできたのだろうか?と。


今回学んだ「マイクロカウンセリング法」というのは

カウンセリングの基礎も基礎。

ここからいろんな流派というか、療法に発展してゆくのだけど

カウンセリングの基礎は、相談者の話を聞くことなのだ。

とにかく相談者の話を聞く。

話しにくそうなら、少しキッカケを与えてとにかく聞く。

相談者が話すことで、自ずから道が開けるというもので

そんなことあるかいな!?

アドバイスを求めて、相談者は来ているのでしょう?

と思うアナタ!

ごもっとも!

私もそうでした!

しかししかし。

講義が進み、実践練習をしてゆくとあら不思議!?

問題の真意が見えてくるんです!


これまで私が受けてきたカウンセリングは

先のような教員VS保護者で

先生方から一方的にアドバイスを受けるだけだった。

もちろんそのアドバイスはありがたく、実生活に役立つものもあったが

母である私の心は、何故か晴れなかった。

今回、同じグループでディスカッションをした幼稚園のベテラン先生方が


「お母さんと話す時、こちらに知識がある分、限られた時間内にあれこれとアドバイスしたくなってしまう。」

「お母さんの話を親身になって聞いているつもりだったけど、やはり自分がしゃべってしまう。」


と、しょんぼりされていた。

幼稚園や学校の面談と、心理療法のカウンセリングでは状況が異なるが

彼女たちの意識が少し変わったようで嬉しかった。

全教職者や医療従事者に、ぜひマイクロカウンセリングの理論だけでも学んで欲しいわ~


とはいえこの道を究めようとすると、かなり難解!

ただ話を聞くだけでなく、自分の欲求を抑え、感情に流されず、客観的に

かつ相談者の気持ちになって話を掘り下げてゆくのは、ものすごい頭の重労働!


「自分には無理!」

「頭がついてゆかない!」


と、混乱する学生が続出で、イケメン先生はほくそ笑んでおりました。

臨床心理士は大学院卒で、医者レベルの知識が必要という噂は本当だわさ。


私もこの1週間で、脳みそには1年分のシワが刻まれたと思うほど疲れた。

でも、すごく楽しかった!

神様から、ご褒美をもらった感じがした。

また来年の夏、今度は心理療法上級を受けられるように

あれこれ根回ししておこうっと。


本日のオボエテタンゴ

心理咨询

xin1li3zi1xun2

心理カウンセリング

怪しいのもたくさんあるのでご注意!

2016-07-21半年検診

昨年末の乳がん疑惑から、早くも半年。

定期検診の時が来た。


回数を重ねると、マンモで男性技士に貧乳を前後左右に挟まれようが

エコーで胸部をくまなくグリグリなぞられようが

ぶっとい注射針でぶすぶす細胞を抜き取られようが

全くもって屁の河童である!

そりゃ、痛いけれども!

肉体的な痛みは、癒えるのが早いから。


何よりも苦しいのは、検査結果が出るまでの期間だ。

精神的にじわじわ追い込まれ、胃だけでなく、全内臓が締め付けられる感じがする。

脳みそに血液も酸素も回らないようで、気が遠くなる。

へたり込むと、自分が情けなくて涙が出てくる。

ワタシが!

ウルトラスーパーポジティブで、気の強さには定評?のある

このワタシが!


心配事は、考えたって仕方がない。

どう過ごしても結果は同じだ。

ネガティブになるのは時間の無駄。

ずっとそう思ってきた。

他人にも、そうアドバイスしてきた。

なのにこれまでの人生観をも破壊する

「がん」という病気の不安の強さときたら!


今回、夏休み前なので外来の予約が混み合っていたため

来院して結果を聞くのは二か月後になるという。

に、二か月て!?

胃に穴が開くわ!

待ってるうちに、別の病気になるっての!

そしたら


「電話連絡なら、四日後ですよ」


と、軽いノリ。

もしがんだった場合、電話で告知されちゃうってこと?!

それとも可能性が低いから、電話でもOKってこと?!


ワタシのリサーチによると、主治医の腕はかなり良いようだった。

経験も豊富だし、専門医の指導員までやっている。

前回まで、それを頼りに任せていた。

だけど、心のどこかがひっかかっていた。

ワタシがこの病院の最大の理念だと思っている

「患者に寄り添う」感じがないのだ。

話を聞けば聞くほど、慎重に診断を下し、治療に万全を期すのは患者のためではなく

自分のキャリアを守るためのように思えた。

この病院で、こんな気持ちになることは今までなかった。


胸のしこりは、先生への不信感なのではないかしら?

なんて抒情的なことを考えて現実逃避。

モヤモヤしたまま、結局は電話を待つことにした。

当日は朝から落ち着かず

指定時間の二時間は、スマホを握りしめたまま

動物園の熊のように部屋をうろうろ歩き回った。


・・・・・・・・・来ないやんけ!!


指定時間内に連絡が来ない場合は、翌日にこちらから電話をしなくてはならなかった。

たいがい、患者側が着信に気づかないことが多いそうだ。

いやいや、こちとらずっと待ってたから!!

ワタシのスマホ、ピクともしなかったから!

おのれ~!!

今日一日で、どれだけやつれたか?!

明朝、イの一番にかけてやる!!


と、ぷりぷりしながら溜まった家事に取り組みだした二時間後

指定のスマホではなく、家の電話が鳴った。

なんと相手はその主治医。

お待たせしました~、もなく

遅くなりすみません~、もなく

しれっと淡々と


「あ、良性でしたけど、しこりがある以上安心はせず、一年後に検診を受けてください」


だってさ!


ありがとうよ!このうすら禿げ野郎!!

アンタは乳腺外科医としてのスキルは高いかもしれんが

医療従事者として、社会人としては常識がなさすぎるんじゃボケ!!

(あくまでも心の叫び)


と、さらにぷりぷりしながら転院を決意した。

娘を産み、その後もいろいろと助けられ

死ぬならこの病院と決めていたけれど

完全にワタシの心は離れてしまった。

うえーん!残念だー!


今回もまた良性だったことは非常に喜ばしいのだが

ワタシはいつかクロと出るような気がしてならない。

今や誰ががんになっても、おかしくない時代だものね。

だから自分の命を預けられる医者を探そうと思う。

じっくり一年、時間をかけて。


辛い数日間だったけど

世の中を見る目がまた変わった。

家族で過ごす時間を大切にしようと思った。

何事も「面倒くさい」と言わないようにしようと決めた。

やりたい事はやっておかないと!

会いたい人には会っておかないと!


がんにならないとしても、ワタシの人生はすでに折り返し地点を過ぎている。

そのうち自由に動き回れる体力が残っている期間は、あと何年だろう?

ワタシはまた、中国大陸の地を踏むことはあるのかな・・・


本日のオボエテタンゴ

脾气不投

pi1pi4bu4tou2

気が合わない

医者との相性は大切ね~

2016-07-12あの日 あの時

娘が吹奏楽部に入り、テナーサックスを練習している。

活動前に外周を走って、腹筋と背筋をして

楽器の準備をして、先輩の指示を聞いて~

なんて話を聞いていると、正に青春!!って感じで

私自身の中学生時代が、ありありとよみがえってきた。

もう、35年以上前のことだけど

色々な場面の記憶が、とりとめなく浮かんでくる。


私にとって中学生時代は、父を亡くしたせいか

人生で一番切ない期間だった。

いや、誰でそうなのかもしれない。

家族、友人、先生、異性

接したすべての人たちとの間で、思い悩み苦しかったあの頃。

今だったら、もっとうまく立ち回れた。

衝突せずに、誤解も生まずに、接することができるのに。

不器用でかみ合わない、それが青春なんスかねぇ~


なんてしんみりしてる時に、小田和正のベストアルバムを生協で安く購入。

オフコース時代から最近の名曲まで、50曲収録ですって!

「あの日 あの時」

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%82%E3%81%AE%E6%97%A5%E3%81%82%E3%81%AE%E6%99%82-%E5%B0%8F%E7%94%B0%E5%92%8C%E6%AD%A3/dp/B01AXRAZEK

車を走らせながら、一人で聞きました。

ほぼ全曲、熱唱しました!

そして号泣しました!!

えぇ、そりゃもうオイオイと。

隣を走る車に、二度見されるくらい泣きましたよ。


小学6年生の時に初めてラジオでオフコースの曲を聴いて以来

周囲の女子がたのきんトリオに夢中になっている時も

私はオフコースを聴いていた。

中学生の時に小田さんが結婚して

ショックで倒れて保健室で寝込んだこともあった。

それで仕方がないから、愛人になろうと決めていた14歳。

私の精神状態は、大人びていたのか?病んでいたのか?

母はそんな私の想いを知っていたのだろうか?

いや~、知らなかっただろうな。

当時、母娘で満足に会話した記憶すらないものね。


14歳の頃から私は、かなり冷めた目で世の中を見ていたと思う。

大人には裏と表があると気づいた。

同情の奥には哀れみと、自分の幸せをかみしめる姿が見えた。

不愛想で、我ながら可愛げのかけらもなかった。


改めて聴いてみると、中学生に理解できる世界じゃないよ、オフコース。

でも当時の私には、小田さんの歌詞がすべてだったんだよな~


そしたら最近の曲「風のようにうたが流れていた」で納得。

♪ことばの意味さえ 分からないままに

覚えた そのうた 口ずさんでいた

♪出会いも 別れも 知らぬままに 流れるうたをきいていた

なぐさめられて はげまされて そして夢をみた




やっぱり小田さん。

さすがに小田さん。

歌って、そうなんだな~

意味が分からなくても心に響くし

大人になって、同じ経験をしたからこそ泣ける時が来るのね。


娘はなにやらボーカロイドにはまっていて

ニコニコ動画を見ながらほくそ笑んでいる。

私からしたらサッパリ意味不明の歌詞だし

すべて同じ曲調で違いが分からんちんだけど

今の彼女の心には、一番刺さる歌なんだろう。

娘が大人になった時、久々に聴きかえしたら

中学生時代の想いや情景がよみがえるのかな。


本日のオボエテタンゴ

闹矛盾

nao4mao2dun4

仲たがいをする

女子は些細なことでもめるよね~

2016-04-27衰えない人

「全治2ヶ月」と言われていた肋骨骨折。

しかし運動許可が下りたのは3ヶ月半後で、まだわき腹に違和感もある。

骨折箇所は以前より骨が太くなっており、完全に元の形に戻るには

あと2ヶ月くらいかかるんだって!

てことは、完治は半年近くってこと!?

これも加齢のせいかしら?

とほほ~


とはいえ、やっと動けるようになったのだから

家でのヨガから始めて徐々に身体をほぐし

先日ついにバリダンスのお稽古に復帰した!!

踊るのは、約10年ぶりだ!!

うひょ~♪

以前はまだオムツの娘を連れて通ったなぁ。

ぐずったら、抱っこしながら踊ったなぁ。

スタジオには当時を知る生徒さんも何人かいらして

「lingちゃんの赤ちゃんが、もう中学生!?」

と、時の流れをお互いしみじみ。

いやはや、10年一昔とはよく言ったものですわ。


で、踊ってみましたらば


きっつーーーーーー!!


思いの外、振りは覚えていたけれど、身体がいうことをききましぇん~

太ももが生まれたての小鹿の如く、ぷるぷる震え

お尻が四つに割れそうになり

肩と二の腕がパンパンになって

翌日、翌々日、その後もトイレの便座に座るのに一苦労。

階段の上り下りは地獄の行脚。

バリダンスって、こんなにきつかったっけ?

これも加齢のせいなのか?


いやいや。

教えてくださるH先生は、私より二つ三つ年上だ。

なのに10年前と全く変わらない。

しなやかな上半身の動きと、ぶれない体幹。

そして驚異的な持久力。


日本でバリダンスを教えている講師のほとんどが

夏休みや年末にはバリへ飛び、現地の先生に再度習っている。

しかしH先生は20年以上前に2年間留学したきりで

その後はほんの数回しかバリへ行っていない。

少なくともご出産後の15年は、ずっと日本だったはず。

なのに何故、振りもキレもバリエピソードの記憶も衰えないのだろう?


H先生は千葉で農業を営むおばちゃんで

ヘタしたらおじちゃんにも見えてしまうほど化粧っ気もなく

もっさりしているのに(←師に対して失礼千万)

踊りだすと一瞬にして周囲の空気が震える。

そして本番のステージに立つと

それが薄暗い神社の境内でも,空からH先生の所にだけ光が射す。

これ、誇張でなく本当よ!

踊りの神様に見出された人っているのよ~


ワタシはせいぜい月1回くらいしかお稽古に行けないけど

10年ぶりに踊ってやっぱり気持ち良かったから

できるだけがんばってみよう。

バリダンスは元が神への奉納舞なので、精神が浄化されるのだ。

黒い心が洗われるのだ~


そして衰えない人の話をもう一つ。

先日、中国人ダンサーの日本公演を観て来た。

偶然テレビの宣伝を見かけ、おぉ!綺麗だな~

でもチケットは取れないだろうな~

とダメもとで検索してみたら、ラスト一席が取れちゃった!

イェーイ!!

なんて軽いノリの予備知識ゼロで観てしまったのだけど

中国ではすごい有名人だったのね。


ヤン・リーピンのシャングルラ

http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/16_liping.html

総監督・構成・主演:杨麗萍


中国少数民族の歌舞で構成されたシャングリラは、それはそれは鮮やかで

激しくて、でも素朴で、とても見ごたえのあるものだった。

そして中盤とラストを飾る杨麗萍のソロダンス、「月光」と「孔雀の精霊」は衝撃的!!

もうね、瞬きするのが惜しいほど見入ってしまうのよ。

動きが人間じゃない、、って言ったら語弊があるけど

何か別の生物というか、正に精霊というか。

美しさにうっとりする反面、ぞっとする妖気も感じられて

残像がいつまでも脳裏に残っている。

はぁ~、やっぱり中国人は超人が多いなー

と、思いながら杨麗萍のことをちょいと調べて茶を吹いた。


1957年生まれですって!?

58歳ですって!?

ワタシより10歳上ですって!?

日本の女性誌でちやほやされている美魔女とやらのおばはんは

味噌汁で顔洗って出直して来いってか!

まったく、中国人には敵わんて。


本日のオボエテタンゴ

文雅的

wen2ya3de

エレガントだ

そんな年寄りになりたいなぁ