風来坊日記-日中翻訳 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-10-23団体客限定で恭王府が夜間開放、京劇も公演 北京

北京市の什刹海に程近い恭王府は、世界最大の四合院であり、また清朝時代(1616~1912年)で最大規模かつ保存状態が最も良い王府(皇族の邸宅)でもある。恭王府は10月20日から、初めて夜間の一般開放を始めた。管理者によると、夜間に開放されている王府の庭園は北京でここだけだという。

恭王府の夜間開放時間は毎日午後6時半~9時半。庭園散策や、古琴・京劇の舞台を鑑賞できる。ただし、現時点では50人以上の団体客にのみ入場が許され、個人の訪問は受け付けていない。

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/magiclee/20061023

2006-10-17「玄奘の道」実地調査隊、インドを目指し西安を出発


西安の大慈恩寺で15日、「玄奘(三蔵法師)の道・世界平和を願う式典」が行われた。また、同市の南門広場では「通関文牒(古代のパスポートに近いもので、三蔵法師がインドへの旅で使用した)」の授与式典が行なわれ、「玄奘の道」実地調査隊の出発を見送った。「玄奘の道」大型文化交流活動は、一連の「中国・インド友好年」活動のひとつ。実地調査隊は10月15日に西安を出発、11月中旬にインドに入り、11月末に活動を終え帰国する予定。調査行程は計1万2千キロメートルに及び、6ヶ国26都市を経由する。

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/magiclee/20061017

2006-10-13国産水素燃料自動車の開発に成功、中国国内初

江蘇鎮江江奎科技公司、清華大学、奇瑞汽車が進めてきた「水素燃料自動車の開発モデルプロジェクト」がこのほど、国の専門家チームによる審査に合格した。これにより、知的財産権を完全に備えた国産水素燃料自動車の開発に、国内で初めて成功したことになる。

今回開発された水素燃料自動車は排気ガスゼロを実現している。排出されるのは水だけで、排気ガスは一切排出されない。設計最高時速は80キロ。(

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/magiclee/20061013

2006-10-09中日韓合作映画「墨攻」、11月に中国などで公開


華誼兄弟映画業投資公司(北京)は7日、日本の漫画が原作の映画「墨攻」を11月末にアジアの中国語圏で同時公開すると発表した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

映画は中国戦国時代(前475~前221)の賢者をモデルにしている。劉徳華アンディ・ラウ)扮する革離は墨家の思想を受け継ぎ、墨子の「非攻」の精神をアピールするため、老人や女性、子どもを含むわずか4千人を率いて梁城にこもり、趙国10万の大軍に抗すというストーリー。

墨攻」は華誼兄弟、香港驕陽電影(映画)公司のほかに韓国と日本の企業も投資、制作費は1600万ドル。

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/magiclee/20061009