Hatena::Groupchinese

中文教材 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004-07-2611.白领一族与“上班恐惧症”(1) このエントリーを含むブックマーク

11.白领一族与“上班恐惧症”(1)

ホワイトカラーと「出社恐怖症」(1)

 对于平时在高度紧张状况下工作的人群而言,

常日頃から大きなストレスにさらされて働いている

サラリーマンたちにとって

春节的7天长假未必是一件令人舒心的事,

旧正月の七日間の休暇は必ずしも心休まるものではない。

・舒心:気が休まる

不是他们不喜欢清闲的生活,

彼らはのんびりした生活が嫌いなわけではなく、

而是要把突然松下来的弦调回原来的音色,总是没法得心应手,

急に緩んだリズムを元に戻すのにいつも苦労するのである。

・调回:調整して戻す

・得心应手:思いどおりにうまくいく

在上班的头几天里,

仕事始めの何日間かは、

他们神情恍惚、精神不振、记忆力下降,想到工作就心慌……

表情もぼんやりとし、元気がなく、記憶力は減退し、仕事のことを考えるだけで不安にさいなまれる……。

  严小姐(公司文员):

厳さん(会社OL)の話

  春节哪里都没去,

正月休みにはどこにも行かず、

什么都没忙,过得很闷。

何もしないで退屈に過ごしました。

但就是这样,还是不想上班。

そんな状態でもやっぱり会社に行くのはいやでした。

・就是这样:たとえそのようであっても

恐惧是从年初四就有了,

恐怖は正月四日にはもう感じていました。

・就有了:すでに存在していた

晚上睡下去的时候,

夜、ベッドにはいると

想到长假已过了一半,几天后又要上班,心又揪了起来。

長い休みももう半分終わってしまって、数日後にはまた会社に行くんだと思うと、胸が締め付けられる思いでした。

这种恐惧感折磨得我经常半夜惊醒过来,

恐怖感にさいなまれて、しょっちゅう夜中に目が醒めてしまい、

醒来后想到又要面对那些烦人的杂事和办公室复杂的人际关系,

いったん目が覚めると、また煩わしい仕事や会社内の複雑な人間関係に向き合わなければならないと思うと

再也睡不着。

眠れなくなってしまいます。

特别是想到又得天天和上司面对面,更是害怕。

とくに、また上司と顔をつきあわせる毎日に戻るのだと思うと、さらに恐ろしく思えました。

每次汇报工作,他都不满意,不是批评就是工作加码。

仕事の報告をするたびに、上司は不満顔をし、叱責するか、さもなくば仕事を増やすかのどちらかなのです。

・不是批评就是工作加码:「不是~就是……」の構文

  想想以前在事业单位,

以前の勤め先では

春节后回单位,大家拜年、派开门红、聚餐,开开心心的;

旧正月明けに職場に戻れば、お互いに新年の挨拶をして仕事始めを祝い、みんなで食事をしたりして、楽しく過ごしたものです。

现在在外企,

いまは外資系企業で、

随时都得进入状态,

いつもお仕事モードでいなければならず、

把握市场动向,处理客户关系,头脑高度紧张,

市場の動向を把握し、取引先との関係を処理し、頭は常に極度の緊張状態にあります。

总觉得休息不够,年过了还想放大假。

いつも休み足りない感じがして、正月が終わってもまだもっと長期休暇がほしいと思ってしまいます。

トラックバック - http://chinese.g.hatena.ne.jp/toraneko285/20040726